FC2ブログ

主な登場人物

2022年07月09日 

        主な登場人物(随時書き込み)





 1 「自称青山俊夫」こと青山敏夫

   (株)ナイルスコミュニケーションズのオーナー。
   会員制雑誌「NILES-NILE(ナイルスナイル)」と
   ネット「WEB-NILE」を主宰。
   本人の言によると、
   長野県松本深志高校出身。東大を落ち、早稲田大学に行くも、
   極左集団革マルに入り、逮捕歴3回を受ける。
   実名を隠し、「青山俊夫」を名乗り、ナイルスコミュニケーションズを興し、
   オーナーにして前社長。l
   本名を隠し、生年月日を隠し、一葉の写真も人目に曝さず、自筆を残さず、
   法スレスレの行為をおこなってきたが逮捕されたことのない伝説の詐欺師。
   その素顔は、彼の犠牲になった山口昭さんの残した『債権者会議』に、
   わずかに残されている。



   

 2 ナイルスコミュニケーションズ現社長福田智子

   下北半島出身。年齢学歴不詳。
   「自称青山俊夫」の言によると、
   企業再生機構の一員として辣腕をふるった有能な人材だそうな。
   「自称青山俊夫」が、「俺の女だ」と公言してはばからない詐欺の相棒で、
   僕の著書での二つの詐欺事件にも深くかかわった。
   愛称「堤重役」に対する「500万円詐欺」では、
   詐欺の実行犯として動き、
   現在、「堤重役」によって、各所に訴えられている。


  

 3 篠崎・進士法律事務所


   「自称青山俊夫」に知的犯罪の手法を伝授している法律事務所。
   港区虎ノ門1-6-12 大手町建物虎ノ門ビル6F。
   代表者の篠崎芳明と進士肇は、義理の親子。




 4 進士肇弁護士

   篠崎芳明弁護士の娘婿。篠崎に乞われて、篠崎の法律事務所に移転。
   東大法学部卒。専門は、「倒産法」。
   「篠崎・進士法律事務所」の実質的責任者。  
   人の噂では、将来の東京都弁護士会会長の座を夢見て活動中、とのこと。
   自称青山俊夫こと青山敏夫の「港区詐欺集団」の法律面での指導者。
   詐欺がバレているのも知らず、「500万円詐欺」を法廷で展開中。
   要注目。



 5 篠崎芳明弁護士
   
    「自称青山俊夫」が、
   「俺の仲間で、やり手の弁護士で、
    ヤバい仕事は彼が全部片付けてくれるから安心しろ。」
    と豪語した熟練弁護士。
    元東京都弁護士会副会長。
    警察庁の設置した「生活安全研究会」委員。
    公益財団法人「全国防犯協会連合会」理事。
    進士肇弁護士の岳父。
    元革マルの闘士青山敏夫に
    国家の防犯情報を洩らしていないかどうかは、 
    いまだ不明。



 6 石黒一利弁護士

   「篠崎・進士法律事務所」の小間使い的弁護士。
   さして詳細を書くほどの価値はないが、念のために書いておくと、
   愛知県生まれ。同志社大学法学部卒。平成20年弁護士登録。





スポンサーサイト

港区詐欺集団研究資料一覧

2022年06月09日 
 

     「港区詐欺集団」研究資料一覧



 参考文献 
        会員制雑誌『ナイルス・ナイル』
        (ナイルスコミュニケーションズ)
        山口昭著『債権者会議』(太田出版)
        山口昭著『倒産責任者』(太田出版)

 参考ネット
       「WEBーNILE」
       「ナイルスナイル」
       「ナイルスコミュニケーションズ」
       「篠崎・進士法律事務所」
       「進士肇弁護士」
       「篠崎芳明弁護士」
       「石黒一利弁護士」
        ブログ「aoyamaーnile」
       (自称青山俊夫こと本名青山敏夫のブログ)
       「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」




女詐欺師社長失踪事件の怪

2019年01月04日 

    

 

 「ナイルス・ナイル」という雑誌がある。

 ネットには、「WEB-NILE」というコーナーがある。

 この二つを運営している会社は、

 以前は、ナイルスコミュニケーションズと名乗っていたが、

 今は、登記上は社名を改め、

 会社の実際の看板は、「ナイルス」のまま、

 

     nCloud

 

 を名乗っている。

 

 

 その会社の前社長福田智子は、

 東京都在住の堤重役という男性に対する詐欺行為について、

 民事裁判を受けているのであるが、

 それが、

 裁判で証人尋問を言われた途端、

 社長の座を退き、

 どこかに失踪したのであった。

 

 

 それは、福田智子と一緒に同社の代表取締役をしていた「自称青山俊夫」こと本名「青山敏夫」の代理人である、

 東京都港区虎ノ門の「篠崎・進士法律事務」から報告されたのであった。

 

 

 しかも、

 驚くことに、

 福田智子は、いかなる理由からわからないが、

 突如として、

姓を「福田」から「稲田」に改め、

 それまで10数年間住民登録をしていた住所からも姿を消し、

 現在は、住所不明で、連絡が取れないのだというのだ。

 法律事務所の弁護士先生がそう言うのだ。

 

 

 「富裕層のための高級情報誌」づくりに人生をかけていた女社長が、

 このような奇怪な失踪事件をおこしたことについては、

 世間の耳目が集まっているところだ。

 

 

 しかも、

 社長福田智子が社長を退くなり、

 ナイルスコミュニケーションズは社名変更して、

 nCloudに変わった。

 

 業務内容には何の変更もない。

 社長が、福田智子に代わって青山敏夫になっただけで、

 しかもこの二人は、

 ナイルスコミュニケーションズ時代には、

 二人で、4度も、社長職をキャッチボールしていた間柄だ。

 

 この社名変更は、いったい何なんだろう?

 

 僕は馬鹿だから、よくわからない。


 

 どうか、これをお読みになった皆さん。

 

 元ナイルスコミュニケーションズ社長で、

 今は、福田智子から稲田智子に名を変えている女性をお見かけになりましたら、

 nCloud社長の青山俊夫さんか、

 虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」にまで、

 知らせてやってくださいませ。





原田武夫国際戦略研究所?

2019年01月03日 



 「たけおのTVショッピング」というHNさんから、

 僕の「放浪日記」に「コメント」が入っていて、

 

 ナイルスグループの輝かしい広告塔である、

 元外交官原田武夫君が率いる「原田武夫国際戦略研究所」が、

 健康食品の販売を始めた。

 とのことだ。


 僕はYOUTUBEを観ていないのでわからないが、

 そうらしい。

 

 

 このコメント主さんは、時々、深みのある裏コメントを下さる方で、

 これまでも、いろいろと参考にさせていただいてきたが、

 今日拝読していて、


「この方がわざわざ書いて来てくれるところをみると、

 ひょっとしたら、

 現在行方不明中の福田智子こと稲田智子は、

 この広告塔原田武夫君のお世話になっているのかもしれないな。」


 と思った次第だ。

 

 

 2月の証人尋問が終わったら、

 「世界戦略研究所」の社員名簿に、稲田智子の名前が出てきたりして。

 

 

 詐欺師ってのは、

 人からは容赦なくむしり盗ろうとするけど、

 仲間内は、相互扶助を大切にするらしいからね。

 

 

 でも、

 まさか、

 この元外交官も、「港区詐欺集団」の一員じゃないよな。

 詐欺師青簗敏夫に利用されていただけだろう、と思っていたけど、

 本当はどうなんだろう?

 

 ただ一つ。


 この原田武夫君が、 

 僕が、

「原田武夫はナイルスナイルの広告塔!」

 ってからかい始めた16年8月に、

 突然、本社所在地を、港区から千代田区に変えたってのが、

 どうも気にかかる僕だ。

 

 

 その原田武夫君は、

 健康食品販売を始めたということらしいが、

 ひょっとしたら、

 富裕層のための高級情報誌『ナイルナイル』や「WEB-NILE」で、

 

 

    皆さん。


    国際戦略研究所の健康食品を買いましょう!

    これこそが、セレブのための高級健康食品です!

 

  マスコットガールは、

  久しぶりに日本社会に復帰した、

  下北郡野辺地の星、稲田智子さん。


  姓は変わっても、垂れたお尻はあの時のままです。

  ご覧になってやってください。

  苦労九の字の四九尻を。

  これだけは当社の健康食品でも治せません。

 

  そして皆さま。

 

    法的な問題が起きたら、

    「篠崎・進士法律事務所」にご一報を!

  「篠崎・進士法律事務所」進士肇は、

  間違いなく、

  原田武夫君の味方をします。

 

  あれっ?

 

 

 なんてやったりしてね。

 

 

 まあ、この連中、

 何をするかわからないから、

 裁判だけでなく、

 今後の展開が興味深い。

 

 

 死ぬまで続く、世川行介の「港区詐欺集団」報道。

 どうか、今年も。ご愛読のほどを~!






稲田智子さま熱唱! 『四つの願い』  新春歌謡リメイク教室

2019年01月01日 

     

 

 皆さま方。

 明けましておめでとうござま~す。

 

 新年を迎えて、

 世川名人、

「よ~し。

 2月は、証人尋問だ。

 福田智子改め稲田智子がトンズラして、

 詐欺師青山敏夫だけが証人席に立つことになったが、

 大勢の傍聴人の前で、

 「富裕層の味方」nCloud社長青山敏夫が何をしゃべるか、

 とっても楽しみじゃないかよ~!」

 と腕まくりをし、

アッ、ヨイショ。アッ、ヨイショ。

 世川ジジイもやりまっせ。」

 一層の力瘤で、新春第一弾を書き上げたそうでございます。

 

 

 題して、『四つのお願い』。

 元歌も、『「ちあきなおみさんが大ヒットさせた同名の歌。

 同じ題名での2曲で、

 白鳥朝詠と世川名人の力量の差が問われるわけであります。

 

 皆さま方。

 ご清聴の後、審判をお下しくださいませ。

 

 

 では、

 

 かつては「富裕層のための情報誌・ナイルス・ナイル」発行会社でタカピー社長、

 今は、

「え~い。世川。追いかけて来るなァ~!

 東京地裁になんか、絶対に行かないわよ~!」

 東京地裁からの出頭要請を振り切って、

 行方不明の放浪者をやっているという福田智子改め、

 稲田智子さま。

 

 正月の今日は、

 特別に、

 故郷、青森県下北郡野辺地の神社の境内から、

 今年の初歌唱~!

 

 お聴きくださいませ~!

 

 

         四つのお願い

 

   1

    たとえばあなたが 詐欺を 詐欺をするなら

    四つのお願い 聞いて 聞いてほしいの

    一つ  本名隠して

    二つ  証文書かせて

    三つ  わたしの住むお部屋

    四つ  かならず探しておいてね

    四つのお願い聞いて 聞いてくれたら

    智子は敏夫に夢中

    詐欺を手伝う

 

   2

    それからあなたが 訴訟を 訴訟をするなら

    四つのお願い 聞いて 聞いてほしいの

    一つ  世川に勝ってね

    二つ  お金を取ってね

    三つ  苗字を変えたこと

    四つ  誰にも内緒にしてね

    四つのお願い聞いて 聞いてくれなきゃ

    わたしはナイルス捨てて

    他に逃げるわ

 

 

  一つ  タヌキと呼ばないで

    二つ  カッペと言わないで

    三つ  お尻の垂れたこと

    四つ  地裁じゃ黙っていてね

    四つのお願い聞いて 聞いてくれなきゃ

    わたしは敏夫を捨てて

    他に逃げるわ






世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR