主な登場人物

2022年07月09日 

        主な登場人物(随時書き込み)





 1 「自称青山俊夫」こと青山敏夫

   (株)ナイルスコミュニケーションズのオーナー。
   会員制雑誌「NILES-NILE(ナイルスナイル)」と
   ネット「WEB-NILE」を主宰。
   本人の言によると、
   長野県松本深志高校出身。東大を落ち、早稲田大学に行くも、
   極左集団革マルに入り、逮捕歴3回を受ける。
   実名を隠し、「青山俊夫」を名乗り、ナイルスコミュニケーションズを興し、
   オーナーにして前社長。l
   本名を隠し、生年月日を隠し、一葉の写真も人目に曝さず、自筆を残さず、
   法スレスレの行為をおこなってきたが逮捕されたことのない伝説の詐欺師。
   その素顔は、彼の犠牲になった山口昭さんの残した『債権者会議』に、
   わずかに残されている。



   

 2 ナイルスコミュニケーションズ現社長福田智子

   下北半島出身。年齢学歴不詳。
   「自称青山俊夫」の言によると、
   企業再生機構の一員として辣腕をふるった有能な人材だそうな。
   「自称青山俊夫」が、「俺の女だ」と公言してはばからない詐欺の相棒で、
   僕の著書での二つの詐欺事件にも深くかかわった。
   愛称「堤重役」に対する「500万円詐欺」では、
   詐欺の実行犯として動き、
   現在、「堤重役」によって、各所に訴えられている。


  

 3 篠崎・進士法律事務所


   「自称青山俊夫」に知的犯罪の手法を伝授している法律事務所。
   港区虎ノ門1-6-12 大手町建物虎ノ門ビル6F。
   代表者の篠崎芳明と進士肇は、義理の親子。




 4 進士肇弁護士

   篠崎芳明弁護士の娘婿。篠崎に乞われて、篠崎の法律事務所に移転。
   東大法学部卒。専門は、「倒産法」。
   「篠崎・進士法律事務所」の実質的責任者。  
   人の噂では、将来の東京都弁護士会会長の座を夢見て活動中、とのこと。
   自称青山俊夫こと青山敏夫の「港区詐欺集団」の法律面での指導者。
   詐欺がバレているのも知らず、「500万円詐欺」を法廷で展開中。
   要注目。



 5 篠崎芳明弁護士
   
    「自称青山俊夫」が、
   「俺の仲間で、やり手の弁護士で、
    ヤバい仕事は彼が全部片付けてくれるから安心しろ。」
    と豪語した熟練弁護士。
    元東京都弁護士会副会長。
    警察庁の設置した「生活安全研究会」委員。
    公益財団法人「全国防犯協会連合会」理事。
    進士肇弁護士の岳父。
    元革マルの闘士青山敏夫に
    国家の防犯情報を洩らしていないかどうかは、 
    いまだ不明。



 6 石黒一利弁護士

   「篠崎・進士法律事務所」の小間使い的弁護士。
   さして詳細を書くほどの価値はないが、念のために書いておくと、
   愛知県生まれ。同志社大学法学部卒。平成20年弁護士登録。





スポンサーサイト

港区詐欺集団研究資料一覧

2022年06月09日 
 

     「港区詐欺集団」研究資料一覧



 参考文献 
        会員制雑誌『ナイルス・ナイル』
        (ナイルスコミュニケーションズ)
        山口昭著『債権者会議』(太田出版)
        山口昭著『倒産責任者』(太田出版)

 参考ネット
       「WEBーNILE」
       「ナイルスナイル」
       「ナイルスコミュニケーションズ」
       「篠崎・進士法律事務所」
       「進士肇弁護士」
       「篠崎芳明弁護士」
       「石黒一利弁護士」
        ブログ「aoyamaーnile」
       (自称青山俊夫こと本名青山敏夫のブログ)
       「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」




ナイルスオーナー青山俊夫さまに捧げるリメイク作品『詐欺だった』

2018年06月21日 

 

 いや、いや。私も聞きましたよ。

 あの詐欺師青山俊夫さんが、

 このリメイク教室を偵察に来ているんだそうですね。

 もう、びっくり!

 

 さすが。

 さすがは、世川行介名人。

 一介のブログの1コーナーに過ぎない、

  『歌謡史リメイク教室』を、

 富裕層にしか関心がないと豪語して来たあの青山敏夫さんが覗きに来てしまうほどの名物コーナーにまで格上げさせたのですから。

 さあ、お集りの皆さま方。

 世川名人の功績に、

 拍手。拍手。絶大な拍手を~。

 

 

 今日は、司会者のわたくしから世川名人にねだりました。

「どうか。

 覗きに来た詐欺師青山俊夫さんや福田智子さんがうなるような傑作を書いて発表してほしいと。

 すると、皆さん。

 名人は名人の名にふさわしい振る舞いをするものです。

 たった10分。

 たったの10分で、世川名人は書き上げたのであります。

 

 元歌は、

 鶴田浩二の名曲、

 『好きだった』

 

 あの歌、確か、こんな歌詞でしたよね。

 

   好きだった 好きだった

   嘘じゃなかった好きだった

   こんな一言 あの時に言えばよかった

   胸にすがって泣きじゃくる

   肩のふるえを ぬくもりを

   忘れられずにいるのなら

 

 

 僅か10分で書き上げた世川名人のリメイク作品のタイトルは、

 そう、

 これは、皆さん、すぐに想像がつきますでしょう?

 そのとおり、

 『詐欺だった』

 

 元歌は3番までしかありませんが、

 日ごとせっせと覗きに来る「港区詐欺集団」の皆さま方のために、

 世川名人、

 4番まで書き上げました。

 

 皆さま方~。

 お聴きあれ!!!

 

 

           詐欺だった

 

     1

      詐偽だった 詐欺だった

      あれはほんとは詐欺だった

      そんな一言 あの時に言えばよかった

      詐欺のつもりが裁判を

      やったばかりに ボロを出し

      いまじゃネットの笑い者

 

     2

      嘘だった 嘘だった

      過去も名前も嘘だった

      隠し抜いてた正体がバレたあの日よ

      客が逃げてく焦りから

      偽名ブログをまき散らし

      煙に巻こうとしたものを

 

    3

     ブスだった ブスだった

     福田智子はブスだった

     厚い化粧に騙された俺の不覚よ

     世川に向かって胸を張り

     俺の女!と誇ったが

     今は悔やんでいるんだぜ

 

    4

     広告塔 広告塔

     俺は死ぬほど欲しかった

     原田武夫はお似合いのタマだった

     セイコー社長も良かったが

     逃げてしまっちゃ仕方ない

     会えるその日は ないだろう

 





ナイルス青山俊夫。三日続けて「覗き」に来てるよ。

2018年06月21日 


 詐欺師青山俊夫が、三日続けて、
 僕の「~放浪日記」を覗きに来ている。
 きっと、ここにも来ているのだろうな。


 詐欺に覗きに、
 面白いことが好きな連中だな。
 つくづくと感心する。


 7月の裁判も近づいて来た。
 僕からの1100万円の請求に反論もしなくちゃならないが、
 あいつら、
 もう、出す証拠がない。
 まあ、気持ちはわからないでもないので、
 好きなだけ覗きをやればいい。
 許す。


 ところで、

 あの原田武夫という元外交官は、
 セイコー時計の社長に代わって、
 今でも詐欺師二人が出す雑誌「ナイルスナイル」と「WEBーNILE」の広告塔をやっているのだろうか?
 今度一回、確認に行ってみよう。

 


篠崎・進士法律事務所讃歌 ~ 訴訟の歌

2018年06月20日 



 はい。はい。はい。

 会場の皆さま方、

 一週間ぶりのご無沙汰でした。

 毎度司会のわたくしでございます。

 

 東京株式市場で、推奨株特Aが素晴らしい健闘ぶりを見せて、意気揚々の世川名人が、

 その余勢を買って、また新作披露ということにあいなりました。

 特Aとはどこの会社のことかと訊きましたら、

「銘柄名を公表すると、

 あの、詐欺師なりゃこそ欲深な自称青山俊夫が、

 また、

 ナイルスコミュニケーションズのお金で株を買って儲けて、

 礼金も払わず、

 「あれは、俺が研究して発掘した株だ!」

 そんなこと言いかねないので、教えたくない。」

 そんな返事でございました。


 

 そりゃあそうでございますよね。

 日本農薬のウン百万円の利益の報酬も、いまだ、1円も払わず、

 クラリオンにいたっては、

 「10何万株は、世川ではなく、自分の才覚で見つけて買った。」

 そう主張して、1100万円の報酬金請求から逃げ回っているのですものね。

 さすが、「富裕層のための情報誌・ナイルス・ナイル」、「WEB-NILE」!

 田舎企業や料理人を騙すように、世川名人や裁判所も簡単に騙せると思ったのでしょうか?

 

 しかし、何と申しましても、

 詐欺師青山俊夫、女詐欺師福田智子

 あの二人をこれだけ強気にさせているのは、

 いまや、全国に知らぬは人はない!と言われている、

 詐欺業界の強力助っ人!

 詐欺業界の司令塔!

 東京虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」

 あの錚々たる弁護士団が存在しているからでしょう。

 東大法学部卒の秀才進士肇先生を筆頭に、

 使いっぱしりの石黒一利弁護士

 今は独立して、

 中央区に「響総合法律事務所」という詐欺援護の別動隊をつくった浅野響弁護士先生。   

 詐欺業界は強力布陣でございます。

 

 

 いまや、東京都内に詐欺支援の網を張り巡らせた感のある「篠崎・進士法律事務所」の詐欺支援ネットワーク。

 室に素晴らしい。

 

 彼らの健闘ぶりを世川名人が、リメイク作品で称えました。

 元歌は、戦時中に流行った『露営の歌』。

 

     勝って来るぞと勇ましく

     誓って国を出たからにゃ

     手柄立てずに死なりょうか

     進軍ラッパ聴くたびに

     瞼に浮かぶ 旗の波

 

あれでございますよ。

 

世川名人は、書きました。

今日もまた力作を書き上げました。

題して、

『篠崎・進士法律事務所讃歌~訴訟の歌』

 

どうか皆さま。お聴きくださいませ~!

 


   篠崎・進士法律事務所賛歌

   

         訴訟の歌

 

    1

     盗って来るぞと勇ましく

     仮差し押さえに出たからにゃ

     盗みとらずに死なりょうか

     東京地裁に出向くたび

     浅野響の眼が燃える

 

 

    2

     思えば今日の裁判で

     世川が出した新証拠

     反論できずに持ち越して

     進士肇を真ん中に

     協議に暮れる虎ノ門

 

 

    3

     詐欺師の味方を決めてより

     棄つる覚悟で来たものの

     たまにはうずくよ「良心」が

     詐欺弁護士!と指さされ

     進士肇は汗だらけ

 

 

    4

     ネットも地裁も火と燃える

     がむしゃら世川を振り切って

     進む港区詐欺集団

     詐欺繁栄のためならば

     石黒一利 やりまっせ

 

    5

     日本農薬 クラリオン

     どれだけ稼いでもらったか

     知らぬおいらじゃないけれど

     青山俊夫に泣きつかれ

     爆笑買った損益表

 

 

    6

     石黒一利 浅野響

     進士肇のパシり役

     詐欺師のための弁護士と

     高い評価はもらえども

     だんだん世間が狭くなる

 





世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR