FC2ブログ

主な登場人物

2022年07月09日 

        主な登場人物(随時書き込み)





 1 「自称青山俊夫」こと青山敏夫

   (株)ナイルスコミュニケーションズのオーナー。
   会員制雑誌「NILES-NILE(ナイルスナイル)」と
   ネット「WEB-NILE」を主宰。
   本人の言によると、
   長野県松本深志高校出身。東大を落ち、早稲田大学に行くも、
   極左集団革マルに入り、逮捕歴3回を受ける。
   実名を隠し、「青山俊夫」を名乗り、ナイルスコミュニケーションズを興し、
   オーナーにして前社長。l
   本名を隠し、生年月日を隠し、一葉の写真も人目に曝さず、自筆を残さず、
   法スレスレの行為をおこなってきたが逮捕されたことのない伝説の詐欺師。
   その素顔は、彼の犠牲になった山口昭さんの残した『債権者会議』に、
   わずかに残されている。



   

 2 ナイルスコミュニケーションズ現社長福田智子

   下北半島出身。年齢学歴不詳。
   「自称青山俊夫」の言によると、
   企業再生機構の一員として辣腕をふるった有能な人材だそうな。
   「自称青山俊夫」が、「俺の女だ」と公言してはばからない詐欺の相棒で、
   僕の著書での二つの詐欺事件にも深くかかわった。
   愛称「堤重役」に対する「500万円詐欺」では、
   詐欺の実行犯として動き、
   現在、「堤重役」によって、各所に訴えられている。


  

 3 篠崎・進士法律事務所


   「自称青山俊夫」に知的犯罪の手法を伝授している法律事務所。
   港区虎ノ門1-6-12 大手町建物虎ノ門ビル6F。
   代表者の篠崎芳明と進士肇は、義理の親子。




 4 進士肇弁護士

   篠崎芳明弁護士の娘婿。篠崎に乞われて、篠崎の法律事務所に移転。
   東大法学部卒。専門は、「倒産法」。
   「篠崎・進士法律事務所」の実質的責任者。  
   人の噂では、将来の東京都弁護士会会長の座を夢見て活動中、とのこと。
   自称青山俊夫こと青山敏夫の「港区詐欺集団」の法律面での指導者。
   詐欺がバレているのも知らず、「500万円詐欺」を法廷で展開中。
   要注目。



 5 篠崎芳明弁護士
   
    「自称青山俊夫」が、
   「俺の仲間で、やり手の弁護士で、
    ヤバい仕事は彼が全部片付けてくれるから安心しろ。」
    と豪語した熟練弁護士。
    元東京都弁護士会副会長。
    警察庁の設置した「生活安全研究会」委員。
    公益財団法人「全国防犯協会連合会」理事。
    進士肇弁護士の岳父。
    元革マルの闘士青山敏夫に
    国家の防犯情報を洩らしていないかどうかは、 
    いまだ不明。



 6 石黒一利弁護士

   「篠崎・進士法律事務所」の小間使い的弁護士。
   さして詳細を書くほどの価値はないが、念のために書いておくと、
   愛知県生まれ。同志社大学法学部卒。平成20年弁護士登録。





スポンサーサイト

港区詐欺集団研究資料一覧

2022年06月09日 
 

     「港区詐欺集団」研究資料一覧



 参考文献 
        会員制雑誌『ナイルス・ナイル』
        (ナイルスコミュニケーションズ)
        山口昭著『債権者会議』(太田出版)
        山口昭著『倒産責任者』(太田出版)

 参考ネット
       「WEBーNILE」
       「ナイルスナイル」
       「ナイルスコミュニケーションズ」
       「篠崎・進士法律事務所」
       「進士肇弁護士」
       「篠崎芳明弁護士」
       「石黒一利弁護士」
        ブログ「aoyamaーnile」
       (自称青山俊夫こと本名青山敏夫のブログ)
       「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」




ここからが本当の戦いだ。

2018年11月12日 



「自称青山俊夫」ことナイルスナイルグループの総帥青山敏夫との裁判の「陳述書」を書き上げ、

送付した。

 

 

これが裁判所に提出されたら、

もう、皆さんに、「曖昧な表現」をする必要がなくなる。

 

 

 ここからが、本当の戦いだ。

 

 

何が悲しくて、

こんな詐欺師連中の言うままにお金をかすめ盗られなくてはいけないのか。

堤重役が、横領犯みたいな目に遭わなくてはならないのか。

 

 

「篠崎・進士法律事務所」とかいう、

名前だけは一丁前の詐欺師の司令塔弁護士たちと、

とことん戦って見せるから、

 見ていてくれ。



 女詐欺師福田智子。


 逃げるなよ!





大爆笑!「Nile's Nile」、社長交代劇( 2016・3・14「世川行介放浪日記」)

2018年11月11日 


 以下の文章は、
 僕が『世川行介放浪日記』に書いた文章を、
 青山敏夫が、GOOに訴えて、掲載中止にした文章だ。
 今では、僕の書いた文章が、全部真実であったことが証明されているのだが、
 必死!必死!の港区詐欺集団、
「掲載中止を!」
 とやったわけだ。


 まあ、読んでやってくれ。
 なお。
 この文章が掲載されたのは、2016年3月14日であったことをお忘れなく。」



    大爆笑!「Nile's Nile」、社長交代劇


「世川さん。
 これ、後で読んでみては?」
 と、
 一枚の紙きれを差し出された。
「何ですか?」
「面白いと思いますよ。」
「そうですか。」
 僕は、座り直し、
 「後で」をやめて、「すぐに」その紙を眺めた。
「何ですか?
 私にも見せて下さいよ。」
 堤重役が覗きにきた。


「ハハハッ!」
「ハハハ!」
「ハハハ!」
「ホホ、
 でしょ?」
 大笑いをした。


 なんと、
 昨年の12月24日、クリスマスイブの日、
 「愛のプレゼント」なのか何なのかは知らないけれど、
 青山俊夫は、代表取締役社長の座を、
 こっそりと、
 誰にも知らせず、
 福田智子に譲っていたのであった。


 しかし、
 「富裕層のための情報誌・ナイルスナイル」、
 こんなくだらない情報は富裕層のためにはならない。と判断したみたいで、
 表面上は、自分が社長であるとし続けていた。

 ネット運営会社は、この秘密の保護に協力していたのだろうか?


 大体が、僕は、他人の私生活にはまったく関心のない男なので、
 福田智子という人物については、多くを知らない。
 青山俊夫から聞いた情報しか持っていない。


 2013年11月、
 北海道から帰って来た僕に、青山俊夫が言った。
「世川さん。
 そろそろ、女を持てよ。
 さっき会わせたあの女、
 福田智子と言って、青森の下北半島出身の女なんだけど、
 どうだい?
 良かったら世話するよ。」


 大体、
 知り合いにそんな奨め方をする時の男女は、正体が知れている。
「いや。
 あの女は、僕の趣味ではありませんから、結構です。」
 僕は、そう言って断った。
 人生の大半を女の海を泳いできた世川行介、
 何が悲しくて、下北から流れて来たイモ娘と関係を持たなくてはならないのか。
 「いい女大好き男」のプライドが許さない。


 それからしばらくして、
 青山俊夫が僕に言った。
「世川さん。
 あの女は、俺の女だ。
 女としてはどうってことのない女だけど、
 経理や経営の能力が非常に優れているから、手放せない。
 あんたも腹の立つことが多いだろうが、
 頼むから、日記にあの女を批判する文章だけは書かないでくれないか。」


 福田智子という女は、
 僕に、週に何度か送金する役目を受け持っていたが、
 僕を貧乏人だと舐めてかかっていたのか、
 約束どおりにお金を送って来たことがなく、
 堤重役が、日に何回も催促電話をして、
 夕方になってやっと送金してくる始末だった。

「なんで、人の愛人の機嫌をとらなくちゃいけないんだ。
 僕は青山俊夫とは契約したが、青山の愛人とは契約した覚えがない。」
 僕は頭に来たので、
 2014年の2月18日、ここの日記に、
 次のような文章を書いた。
 疑う人は、過去の日記を参照してみてくれ。


      マナーが失われてきたなあ


   昨日、給金の一部送金があるとのことで、
   午後から待っていたが、
   待てど暮らせど送ってきやしない。

   何度も郵便局に行かせられるのにたまりかねた堤
   さんが、
   「まだですか?」
   とメールを打っても、
   この担当者の悪い癖で、
   都合の悪い時は、電話にもメールにも一切出て来ない。
   昨日も何の連絡も返ってない。
   「毎度ながら、困った人だなあ」
   「連絡がなきゃ、予定が立てませんよね」
   「堤さん。こういうやり方は人の信用を失うばかりだ。
   あんたは、人とこんなつき合い方をするんじゃないぞ」
   「はい」
   2度メールを打って、
   やっと届いた時には、
   近くの郵便局は閉まっていて、
   タクシーで上野郵便局のATMに行った。

   「ねえ、世川さん。
   1時間早く送ってくれれば、
   タクシーなんか使わなくて済みますのにね。
   何で、あの人、いつもこんな送り方ばっかりして
   くるんでしょう?」
   「あの人は、僕たちへの送金は一番最後でいい、
   と思っているんだよ。
   あの人の頭の中では、
   僕たちの存在は羽毛の如しなんだ」
   「こんなに必死に働いているんですけどねえ」
   「まあ、人の思っていることは止められないから、
   仕方ないさ」


 こう書いたら、
 あくる朝、
 突然に契約が破棄された。
「なんだ。
 愛人に叱られて契約破棄か。」
 阿呆らしいのと面倒なのとで、
 そんな仕打ちをされたって、もうその時は、別に生活に困るわけでもなかったので、
 放ったらかしにして、
 何の連絡もせずに今日まで来ている。


 元特定郵便局長という事務屋だった僕にとっての「ナイルスナイル」の福田智子は、
 そんな、相手によって仕事をいい加減にできる、信用の置けない女だった。


 ふむ。文章が長くなりすぎた。
 続きは(3)でやろう。
 まだ、事の核心には迫っていないので、
 乞うご期待。


           続き


 以上書いて来たように、
 僕は、昨日教えらるまで、
 福田智子が「ナイルスナイル」の社長に就任しているのを知らなかったわけで、
 この日記でも、「経理何とか部長」としてしか言及してこなかった。


「まあまあ、世川さん。
 次の段を見てごらんなさい。」
 佐賀千恵美先生に言われて、
「はい。」
 僕と堤重役は、紙きれの下段を見た。
「アラヨイショ。」
 と、下の段を見たならば、

「アラッ。」
「アララララ。」
「嘘でしょう!」


 なんと。
 なんと。
 なんと!
 「ナイルスナイル」代表取締役社長の福田智子さまは、
 2015年12月24日に就任したばかりだったのに、
 わずか1か月チョイの2016年の2月4日をもって、
 代表取締役社長を辞任して、
 あらら、
 さっき取締役に下がった前社長青山俊夫君が、
 再び代表取締役社長に返り咲いているではないか。
「何ですか? これ。」
「さあ。」


 いいなあ。取締役二人だけの株式会社は。
 二人さえ合意すれば、たった1か月で、社長交代が自由にできるんだ。


 ちなみに、
 僕の日記に、辞任前日の2月3日に何が書かれていたか。
 ここに再掲しよう。


        四葉のクローバー


    「富裕層向け情報誌」と銘打った
     『NILE‘S NILE(ナイルスナイル)』という
    雑誌の青山俊夫なんか、
    ものの相手にはしていない。


    「世川さん。
    どこか、ヤクザの知り合いがいないかね。
    いたら紹介して欲しいんだよ。」
    「何するんですか?」
    「いや。取り立てを頼みたいと思って。」
    そんな事が平気で言える男が、
    どこが、「富裕層向け」だ。
    やくざを使って僕を殺しに来るなよ。


    まあ、もっとも、
    僕は、名古屋に来てからも、
    警察に、
   「僕に万が一のことがあった場合には、
    青山俊夫という元革マル男が噛んでいると
    思って下さい。」
    と伝えてある。


    「世川さん。
    株がうまいから、仕手戦やろうよ。
    私の雑誌の読者からお金を集めるから、
    やってみないか?
    あんたには1割出すよ。」
    何が悲しくて、たったの1割のはした金でこき
    使わわれなくちゃならないんだ。


   「世川さん。
    ネットで、株式講座をやろうよ。
    会員制でお金を徴収してさ。
    原稿料は払うから。」
    馬鹿じゃなかろうか。


    まあ、
    こんな男は、もう終わってしまった関係だから、
    どうでもいい。
    後は、事務的に、淡々と。


 そして、辞任を登記した2月10日までには、
 2月7日に、


       やると思えばどこまでやるさ


    僕の小沢一郎への思いは消えなかったから、
    自分の食うためと、いつか必要となるであろう
    支援運動の資金作りのために、
    再度、株式投資での資金作りを始めた。
    ただ、
    もう、投資資金がなかったので、
    人に、この才能を売った。
    その売った相手が、
    『ナイルスナイル』の青山俊夫だよ。
    つまり、手を切るまでの3カ月間、
    僕は、青山俊夫のお抱えデイトレーダーだった
    わけだ。


 同じく2月7日、


         『風雲児』2016


    それにしても、
    「ナイルスナイル」の社長の青山俊夫が、
    たった3年で、あんなになっているとは、
    まったく知らなかった。
    今となっては、絶対にうなずけないが、
    あんな真似などせずに、
    電話の一本でもくれれば、
    かつての恩義に対して、
    あれくらいの金、すぐに送金したのに、
    ……、知らなかった。

    人の一生って、
    ホント不思議なものだな。


 僕は、日記にこの文章を書いていて、
 それは、ただちに、ネットの「ナイルスナイル青山俊夫」の項目に載った。
 もちろん、「ナイルスナイル」の項には、ネット運営会社に保護されて、
 ただの一つも掲載されてはいない。


「なるほど。」

 僕は僕なりの納得をした次第。

 
 いいなあ。ネット運営会社の担当者と仲がいいと、
 富裕層のための会社なら、
 社長交代を好き勝手にしても、ネット運営会社が守ってくれるんだもんな。
 僕なんか、SOBAじいさんの悪態にどれだけ泣かされ、どれだけ迷惑を蒙って来たとことか。
 僕は守られなくても、「ナイルスナイル」なら守ってもらえるんだ。


 というように、
 「ナイルスナイル」は、わずか一か月で、社長が目まぐるしく変わっているのだが、
 ネットでは、ずっと、青山俊夫が代表取締役社長であった。
 僕も、昨日まで、ずっとそうだと思っていた。


 面白い会社だな。


 ところで、
 福田智子。

 社長をやめるのは構わないが、
 取締役の場から逃げるなよ。
 その会社から消えて、身を隠すなよ。

 お前さんには、まだ用事がある。



 以上だが、
 あの詐欺集団がどれだけ慌てて「掲載中止!」に走ったか、
 皆さんにもわかるだろう。

 面倒なので、そのままにしておいたが、
 今日、「陳述書」を書いている時に発見したので、
 ここに再掲した次第。

 




ここからは、詐欺師の司令塔「篠崎・進士法律事務所」との戦いだな。

2018年11月09日 



 今の僕は、結構忙しい躰で、

 もう、朝から夕方まで、することがビッシリ。

 昨夜は、徹夜で「陳述書」を書き上げる気でいたが、

 もう、肉体がついていかない。

 途中で、眠った。

 

 

 さっき、佐賀千恵美弁護士先生にお電話をして、

 比較的時間に余裕のできる日曜日の夕方まで待ってくださいと頼み、

 了承をもらった。

 これで一安心だ。

 

 

 なんといっても、

 今回は、

 「篠崎・進士法律事務所」の使い捨て弁護士である石黒一利君と、

 若くして同事務所から独立して、

その名も、

詐欺師世界に「俺たちの味方だ!」と名をガンガンと響かせた、

 響総合法律事務所」、

そこの主宰者である浅野響君が相手だ。

 

 

 法曹界では傍流学歴弁護士の代表格の二人、

 株式の現引き代金を損金計上したりして、

 なんか、すご~く頭が良さそうだから、

「どう戦かえばいいのかなあ。」

 頭の悪い世川行介君は、

 悩みに悩んでおりますとさ。

 

 

 愛知県弁護士会が日本に誇るエース、

 「法廷外恫喝専門弁護士・山谷彰宏」君。

 あの彼との戦いの時と同じくらいの緊張感と恐怖感を覚えている僕である。

 ブルル。

 

 

 なんてね。

 

 

 それにしても、

 「末は東京弁護士会の会長!」と噂されている名弁護士進士肇君は、

 とうとう、事務所名を出しただけで、

 自分自身は一度も裁判に顔を出さなかったなあ。

 青山敏夫が、「あいつは何でもやってくれるから。」と、胸を張って言っていた、

 大ボス篠崎芳明大先生も、

 最初に名前を出したきりだったなあ。

 

 詐欺師が、「あいつは何でもやってくれるから。」という弁護士先生と、 

 一度くらいは、会ってみたかったなあ。

 

 

 なんといっても、日本社会の秩序を守るのが任務の警察の諮問機関の委員をしていた弁護士が、

 逮捕歴を持つ(これは本人の言葉ね)元革マルの闘士から、

「篠崎は何でもやってくれるから。」

 だもんなあ。

 

 

 いったい、平成日本社会、どうなっておるのだ?

 

 

 しかも、

 その人物の娘の夫が、

末は東京弁護士会の会長の座を夢見ています!」

 ときた日には、

 今の日本、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。

 だよね。

 

 

 いいよなあ。東京港区虎ノ門って、

 こんな人たちが、肩で風切って弁護士事務所を開けるんだから。







世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR