主な登場人物

2022年07月09日 

        主な登場人物(随時書き込み)





 1 「自称青山俊夫」こと青山敏夫

   (株)ナイルスコミュニケーションズのオーナー。
   会員制雑誌「NILES-NILE(ナイルスナイル)」と
   ネット「WEB-NILE」を主宰。
   本人の言によると、
   長野県松本深志高校出身。東大を落ち、早稲田大学に行くも、
   極左集団革マルに入り、逮捕歴3回を受ける。
   実名を隠し、「青山俊夫」を名乗り、ナイルスコミュニケーションズを興し、
   オーナーにして前社長。l
   本名を隠し、生年月日を隠し、一葉の写真も人目に曝さず、自筆を残さず、
   法スレスレの行為をおこなってきたが逮捕されたことのない伝説の詐欺師。
   その素顔は、彼の犠牲になった山口昭さんの残した『債権者会議』に、
   わずかに残されている。



   

 2 ナイルスコミュニケーションズ現社長福田智子

   下北半島出身。年齢学歴不詳。
   「自称青山俊夫」の言によると、
   企業再生機構の一員として辣腕をふるった有能な人材だそうな。
   「自称青山俊夫」が、「俺の女だ」と公言してはばからない詐欺の相棒で、
   僕の著書での二つの詐欺事件にも深くかかわった。
   愛称「堤重役」に対する「500万円詐欺」では、
   詐欺の実行犯として動き、
   現在、「堤重役」によって、各所に訴えられている。


  

 3 篠崎・進士法律事務所


   「自称青山俊夫」に知的犯罪の手法を伝授している法律事務所。
   港区虎ノ門1-6-12 大手町建物虎ノ門ビル6F。
   代表者の篠崎芳明と進士肇は、義理の親子。




 4 進士肇弁護士

   篠崎芳明弁護士の娘婿。篠崎に乞われて、篠崎の法律事務所に移転。
   東大法学部卒。専門は、「倒産法」。
   「篠崎・進士法律事務所」の実質的責任者。  
   人の噂では、将来の東京都弁護士会会長の座を夢見て活動中、とのこと。
   自称青山俊夫こと青山敏夫の「港区詐欺集団」の法律面での指導者。
   詐欺がバレているのも知らず、「500万円詐欺」を法廷で展開中。
   要注目。



 5 篠崎芳明弁護士
   
    「自称青山俊夫」が、
   「俺の仲間で、やり手の弁護士で、
    ヤバい仕事は彼が全部片付けてくれるから安心しろ。」
    と豪語した熟練弁護士。
    元東京都弁護士会副会長。
    警察庁の設置した「生活安全研究会」委員。
    公益財団法人「全国防犯協会連合会」理事。
    進士肇弁護士の岳父。
    元革マルの闘士青山敏夫に
    国家の防犯情報を洩らしていないかどうかは、 
    いまだ不明。



 6 石黒一利弁護士

   「篠崎・進士法律事務所」の小間使い的弁護士。
   さして詳細を書くほどの価値はないが、念のために書いておくと、
   愛知県生まれ。同志社大学法学部卒。平成20年弁護士登録。





スポンサーサイト

港区詐欺集団研究資料一覧

2022年06月09日 
 

     「港区詐欺集団」研究資料一覧



 参考文献 
        会員制雑誌『ナイルス・ナイル』
        (ナイルスコミュニケーションズ)
        山口昭著『債権者会議』(太田出版)
        山口昭著『倒産責任者』(太田出版)

 参考ネット
       「WEBーNILE」
       「ナイルスナイル」
       「ナイルスコミュニケーションズ」
       「篠崎・進士法律事務所」
       「進士肇弁護士」
       「篠崎芳明弁護士」
       「石黒一利弁護士」
        ブログ「aoyamaーnile」
       (自称青山俊夫こと本名青山敏夫のブログ)
       「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」




世川行介、歌謡詞リメイク教室 その9

2017年09月23日 


 本日の課題曲は。
 山上路夫先生のあの名曲、「二人でお酒を」。
 胡坐をかいて開き直った梓みちよさんの姿が良かったですね。
 わたくしの希望としては、
 あの開き直り熱唱を、
 ぜひ、
 ナイルスコミュニケーションズ社長の福田智子さんにやっていただきたい。
 切に希望してやみません。


「あの~。
 私でよかったら、
 ぜひやらせてください。」


 なんだ、なんだ。
 福田智子さん。そこにいらしていたんですか。
 そうですよねえ。
 いまや、福田智子なくして、世川行介歌謡詞リメイク教室なし。
 それくらいの存在感を響かせている、この教室のアイドルですものね。


 では、
 福田智子さんに、今日も熱唱していただきましょう。
 富裕層の歌姫、福田智子さん。
 今日の課題曲は、
 『二人でお詐欺を』!
 さあ、どうぞ~!


 元歌1番

    うらみっこなしで別れましょうね
    さらりと水にすべて流して
    心配しないで一人っきりは
    子供のころから慣れているのよ
    それでもたまに淋しくなったら
    二人でお酒を 飲みましょうね
    呑みましょうね


   リメイク1番

     ナイルス・ナイル あきらめましょうね
     進士も浅野も 手を切りましょう
     心配しないで 冷たい世間は
     ここ1年で慣れてきたから
     それでもおカネが乏しくなったら
     二人でお詐欺を やりましょうね
     やりましょうね



 元歌2番

   いたわりあって別れましょうね
   こうなったのもお互いのせい
   あなたと私は似たもの同士
   欠点ばかりが目立つ二人よ
   どちらか急に淋しくなったら
   二人でお酒を 飲みましょうね
   飲みましょうね

   どうにかなるでしょ ここの街の
   どこかで私は生きていくのよ
   それでもたまに淋しくなったら
   二人でお酒を 飲みましょうね
   飲みましょうね


   リメイク2番

     つぶれる前にやめときましょうね
     こうなったのも世川のせいよ
     あなたと私は似た者同士
     大ぼらばかりが目立つ二人よ
     どちらかおカネが乏しくなったら
     も一度お詐欺を やりましょうね
     やりましょうね

 
     どうにかなるでしょ WEB-NILE
     あれなら何とか食べていけるわ
     それでもおカネが乏しくなったら
     やっぱりお詐欺を やりましょうね
     やりましょうね


 おそまつ。



ナイルスコミュニケーションズの440万円詐欺の証拠写真だよ。

2017年09月21日 



 ナイルスコミュニケ―ションズオーナー詐欺師青山俊夫と、
 同社社長、福田智子
 役員二人がかりでの
 の440万円詐欺の証拠写真だ。
 放浪日記には、以前掲載したが、
 ここに改めて掲載しておく。


証拠写真1
2



 この証拠書は、
 僕の通帳からお金を郵貯窓口で下した時の「払い出しの原符」のコピーだ。


 2013年末前後、
 僕のゆうちょの通帳からお金ががおろされた。
 ここに署名しているのは、
 福田智子に指示された「堤重役」だ。、
 総額で、440万円ほどになる、

 これを、
 詐欺師弁護士浅野響は、
「青山は、このお金を受け取っていない。」
 と主張してきた。
 もちろん、
 堤重役は、
「福田智子と一緒に郵便局に行って、
 お金は、下すなり、一緒にいた福田智子に渡した。」
 と主張している。


 これから、
 この詐欺の有無が、僕の裁判では問われるが、
 僕自身が下していないことだけは間違いがないので、
 福田智子が、「私はもらっていない!」と主張し続けたら、
 詐取犯が「堤重役」だと裁判所で認定される可能性が高い。
 そうした場合は、
 440万円の責任は、堤重役に向けられ、
 堤重役は詐取の犯罪者となる。
 毎日ベソベソ泣いてるわけだ。

 しかも、
 この通帳は、いまだにナイルスコミュニケーションズ社長福田智子が保管していて、
 というよりも、今は。港区詐欺集団が管理していて、
 僕に返還されていない。
 もう4年になるよ。


 つまり、
 通帳を持たない僕にはわかりっこないだろう、ということでおこなわれた詐欺だ。
 なんとも、二重三重に仕掛けられた高等詐欺ではないか。
 詐欺師青山俊夫の面目躍如!って感じだな。


 ところが、
 僕は、
「あいつらは、いつか、あの440万円で詐欺をかけてくるぞ。」
 と思っていたので、
 この原符のコピーをゆうちょから取り寄せておいた。
 という訳で、
 やつらの詐欺の実態がすぐにわかったのであった。
 
 これが、
 詐欺集団の高等詐欺だ。
 みなさんも、よく承知し、これからの勉強になさるといい。


 ちなみに、
 この詐欺を法廷で言い張っているのが、
 響総合法律事務所の浅野響というチンピラ弁護士だ。


 読者諸氏。
 詐欺訴訟の際は、ぜひ、浅野響先生を頼ってくださいな。

 ってか?



ナイルスコミュニケーションズの原稿料踏み倒しの証拠主張だ。

2017年09月20日 


 昨日の補足を書くと、
 下の写真が、
 あの港区詐欺集団の本部であるナイルスコミュニケーションズが、
 僕が証拠書類を出すまで、裁判所で主張していた内容だ。

 僕が、深山という女性社員からの、原稿料の話が来たメールを証拠書類として出すなり、
 主張を引っ込めやがった、


I


 見てくれ。
 このシャーシャーとした主張。
 証拠を突きつけられるまでは、
 とにかくお金を払わずに済ませたいという姿勢だ。
 こんな会社が「富裕層のため」とは恐れ入るじゃないか。

 しかも、
 僕が証拠を出したら、
 今度は、
「原稿料の支払いは、A&Rという別会社がやっているので、
 ナイルスコミュニケーションズは関係ない。」
 と主張しはじめ、
 それならばと、
 ナイルスコミュニケーションズとA&Rが、
 二つの会社とも福田智子が社長だという登記簿を出したら、
 やっと黙ったんだぞ。

 その額、たったの5万円。


 これが、ナイルスコミュニケーションズという会社の実態だよ。
 原稿料未払の「ナイルナイル」という「富裕層のための情報誌」の実態だよ。


 僕は、いまだに、その5万円をもらっていない。


 それと、
 このファックスの発信元をよく確認してくれよ。
 「篠崎・進士法律事務所」だ。

 ここが詐欺集団の司令塔。
 ボスは、進士肇


 皆さん。
 記憶しておいてくれ。



 


世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR