主な登場人物

2022年07月09日 

        主な登場人物(随時書き込み)





 1 「自称青山俊夫」こと青山敏夫

   (株)ナイルスコミュニケーションズのオーナー。
   会員制雑誌「NILES-NILE(ナイルスナイル)」と
   ネット「WEB-NILE」を主宰。
   本人の言によると、
   長野県松本深志高校出身。東大を落ち、早稲田大学に行くも、
   極左集団革マルに入り、逮捕歴3回を受ける。
   実名を隠し、「青山俊夫」を名乗り、ナイルスコミュニケーションズを興し、
   オーナーにして前社長。l
   本名を隠し、生年月日を隠し、一葉の写真も人目に曝さず、自筆を残さず、
   法スレスレの行為をおこなってきたが逮捕されたことのない伝説の詐欺師。
   その素顔は、彼の犠牲になった山口昭さんの残した『債権者会議』に、
   わずかに残されている。



   

 2 ナイルスコミュニケーションズ現社長福田智子

   下北半島出身。年齢学歴不詳。
   「自称青山俊夫」の言によると、
   企業再生機構の一員として辣腕をふるった有能な人材だそうな。
   「自称青山俊夫」が、「俺の女だ」と公言してはばからない詐欺の相棒で、
   僕の著書での二つの詐欺事件にも深くかかわった。
   愛称「堤重役」に対する「500万円詐欺」では、
   詐欺の実行犯として動き、
   現在、「堤重役」によって、各所に訴えられている。


  

 3 篠崎・進士法律事務所


   「自称青山俊夫」に知的犯罪の手法を伝授している法律事務所。
   港区虎ノ門1-6-12 大手町建物虎ノ門ビル6F。
   代表者の篠崎芳明と進士肇は、義理の親子。




 4 進士肇弁護士

   篠崎芳明弁護士の娘婿。篠崎に乞われて、篠崎の法律事務所に移転。
   東大法学部卒。専門は、「倒産法」。
   「篠崎・進士法律事務所」の実質的責任者。  
   人の噂では、将来の東京都弁護士会会長の座を夢見て活動中、とのこと。
   自称青山俊夫こと青山敏夫の「港区詐欺集団」の法律面での指導者。
   詐欺がバレているのも知らず、「500万円詐欺」を法廷で展開中。
   要注目。



 5 篠崎芳明弁護士
   
    「自称青山俊夫」が、
   「俺の仲間で、やり手の弁護士で、
    ヤバい仕事は彼が全部片付けてくれるから安心しろ。」
    と豪語した熟練弁護士。
    元東京都弁護士会副会長。
    警察庁の設置した「生活安全研究会」委員。
    公益財団法人「全国防犯協会連合会」理事。
    進士肇弁護士の岳父。
    元革マルの闘士青山敏夫に
    国家の防犯情報を洩らしていないかどうかは、 
    いまだ不明。



 6 石黒一利弁護士

   「篠崎・進士法律事務所」の小間使い的弁護士。
   さして詳細を書くほどの価値はないが、念のために書いておくと、
   愛知県生まれ。同志社大学法学部卒。平成20年弁護士登録。





スポンサーサイト

港区詐欺集団研究資料一覧

2022年06月09日 
 

     「港区詐欺集団」研究資料一覧



 参考文献 
        会員制雑誌『ナイルス・ナイル』
        (ナイルスコミュニケーションズ)
        山口昭著『債権者会議』(太田出版)
        山口昭著『倒産責任者』(太田出版)

 参考ネット
       「WEBーNILE」
       「ナイルスナイル」
       「ナイルスコミュニケーションズ」
       「篠崎・進士法律事務所」
       「進士肇弁護士」
       「篠崎芳明弁護士」
       「石黒一利弁護士」
        ブログ「aoyamaーnile」
       (自称青山俊夫こと本名青山敏夫のブログ)
       「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」




ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子。もうすぐだから、待ってろよ。

2017年08月14日 
 


 さっき、「堤重役」に電話して、
 ナイルスコミュニケーションズオーナー自称青山俊夫と同社長福田智子の詐欺にかかる証拠書の整理の日時を決めた。


 「堤重役」の、ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子に対する怒りは、持続されていた。
 いいことだ。

 あの女社長福田智子の二度にわたる詐欺については、
 徹底的に糾弾して、
 ネット利用者が、あの詐欺社長の経営する会社の詐欺被害に遭わないように、
 警告を発するのだ。


 8月下旬の僕の裁判が終わったら、
 その際の青山俊夫方の弁護士たちの発言を確認して、
 警察に提出する。
 どうせ、福田智子の500万円詐欺を認めはしないだろうが、
 それこそが、僕たち二人が一番待っていることだ。


 裁判はあと一週間くらい先の話になるが、
 それが終わってからは、
 世川行介、堂々の戦い第二弾を始めますので、
 楽しみに待っていてくださいな。


 こいつらでも、名古屋のマザコン弁護士山谷彰宏でも、
 阿呆なところは、
 自分たちは、かき集めたような証拠と証文を目いっぱい出してしまって、
 あとには、何の証拠もないようにしてしまっていることだ。


 僕が、カバン一つの放浪者なものだから、
「こいつには何も証拠書がないだろう。」
 と高をくくって来たみたいだが、
 この間のゆうちょ銀行払い出し原符のように、
 世川行介さんは、
 結構几帳面な人で、
 証拠書の類は保管してきた。

 嘘か本当か、
 見せてやるから、
 お前たちも、心待ちに待っていろ。


 いくら、ナイルスコミュニケーションズオーナーの詐欺師青山俊夫が、複数ブログの壁でわが身を守ろうとしても、
 もう、
 そんなことはできなくなる。

 「ネット世論の良識」の裁きを待つことだ。




青山俊夫は、自分が恥ずかしくなにかねえ。

2017年08月13日 
 


 「自称青山俊夫」が、
 また自分のブログをつくっていた。
 これで何個目だ?


 ネットの自分(本名は違うのにね)の項への防御壁つくりなのだろうが、
 そんなことをいくらしたって、
 「ネット世論の良識」は、突き破るべき壁は、
 今は無理でも、いつか必ず突き破ってみせるものだ。

 まあ、やってる本人は顔面蒼白で必死なのだろうから、
 何を言っても無駄だ。

 いっそ、100くらいのブログを立ち上げて、 
 ネット世界の笑い者になってみたらどうだろう?


 一つの小さな振る舞いで、隠している百を看破されることがある。
 人の社会はうまく出来ている。

 それにしても、
 この「複数ブログ立ち上げ劇」、
 70歳を過ぎた男のすることかねえ。
 あまりの無残さに、
 たまに哀れをもよおすことがある。
 こうはなりたくないな。


 しかし、
 僕は戦いの手を緩めない。
 あと10日ほどしたら、
 再び本格的な戦いに入る。


「お前は気性が激しすぎていかん。
 人に逃げ道も与えてやれ。」

 これは、僕の死んだ父親が僕を戒めた言葉で、
 僕はそれを大切にして生きてきたが、

 だが、
 この「港区詐欺集団」だけには、
 それをしない。
 こんな人でなしたちは、平成社会に不要だ。
 害悪だ。
 100%打ち砕くまで、戦い続ける。




ナイルスコミュニケーションズオーナー青山俊夫の7つブログの目的は?

2017年08月13日 
   


 「リンク欄」から、「自称青山俊夫」の複数の力作ブログを眺めてもらったろうか。

 あれが、「富裕層のため」を豪語してきた男の、本性だ。


 青山敏夫が誇る14100人の「富裕層」諸氏。

 君たちは、あれを見て、どう思う?
 富裕層は金持ちだから、特権的でであっていい。
 ブログの数も庶民の5倍6倍を持つべきだ、
 と思うか?


 下手くそな駄文しか書けない「自称青山俊夫」が、
 それでも必死こいて立ち上げるあの「複数ブログ」の目的は何か?


 それは、もう、皆さんにはご理解いただけていると思うが、
 皆が容易に納得できるのは、
 ネット利用者から「青山俊夫」をネットで検索された時に、
 そこに、僕があの男に関して書いた文章の数が少なくなって、
 しかも下位順位に掲載される状態、
 それを作り出すためだ。
 という点だ。

 それについては、
 「青山俊夫」や「ナイルスコミュニケーションズ」をネットで検索すると、
 よく見えるものがある。
 頑張っているんだよ。彼も。


 これについては、もう、なりふり構わずの青山俊夫だが、
 しかし、
 あれが、「富裕層のため」を生きる男の書く文章で、
 あの駄文を、「富裕層14100人」が、毎日楽しみにして読んでいるとしたら、
 その「富裕層」は無教養者の集合体ではないのか?
 と、僕などは思ってしまう。

 まあ、
 別に、そんな「富裕層」があったっていいのだけどね。


 詐欺集団の司令塔である「篠崎・進士法律事務所」の進士肇弁護士は、
 ヤバいと思ったらしく、5月から自分のブログの更新を中断させているが、
 進士肇弁護士の詐欺の盟友青山俊夫は、
 それと真逆な路線を突っ走っているわけだ。

 この違いは、なかなかに興味深い。

 何でだろう?





世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR