スポンサーサイト

--年--月--日 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主な登場人物

2022年07月09日 

        主な登場人物(随時書き込み)





 1 「自称青山俊夫」こと青山敏夫

   (株)ナイルスコミュニケーションズのオーナー。
   会員制雑誌「NILES-NILE(ナイルスナイル)」と
   ネット「WEB-NILE」を主宰。
   本人の言によると、
   長野県松本深志高校出身。東大を落ち、早稲田大学に行くも、
   極左集団革マルに入り、逮捕歴3回を受ける。
   実名を隠し、「青山俊夫」を名乗り、ナイルスコミュニケーションズを興し、
   オーナーにして前社長。l
   本名を隠し、生年月日を隠し、一葉の写真も人目に曝さず、自筆を残さず、
   法スレスレの行為をおこなってきたが逮捕されたことのない伝説の詐欺師。
   その素顔は、彼の犠牲になった山口昭さんの残した『債権者会議』に、
   わずかに残されている。



   

 2 ナイルスコミュニケーションズ現社長福田智子

   下北半島出身。年齢学歴不詳。
   「自称青山俊夫」の言によると、
   企業再生機構の一員として辣腕をふるった有能な人材だそうな。
   「自称青山俊夫」が、「俺の女だ」と公言してはばからない詐欺の相棒で、
   僕の著書での二つの詐欺事件にも深くかかわった。
   愛称「堤重役」に対する「500万円詐欺」では、
   詐欺の実行犯として動き、
   現在、「堤重役」によって、各所に訴えられている。


  

 3 篠崎・進士法律事務所


   「自称青山俊夫」に知的犯罪の手法を伝授している法律事務所。
   港区虎ノ門1-6-12 大手町建物虎ノ門ビル6F。
   代表者の篠崎芳明と進士肇は、義理の親子。




 4 進士肇弁護士

   篠崎芳明弁護士の娘婿。篠崎に乞われて、篠崎の法律事務所に移転。
   東大法学部卒。専門は、「倒産法」。
   「篠崎・進士法律事務所」の実質的責任者。  
   人の噂では、将来の東京都弁護士会会長の座を夢見て活動中、とのこと。
   自称青山俊夫こと青山敏夫の「港区詐欺集団」の法律面での指導者。
   詐欺がバレているのも知らず、「500万円詐欺」を法廷で展開中。
   要注目。



 5 篠崎芳明弁護士
   
    「自称青山俊夫」が、
   「俺の仲間で、やり手の弁護士で、
    ヤバい仕事は彼が全部片付けてくれるから安心しろ。」
    と豪語した熟練弁護士。
    元東京都弁護士会副会長。
    警察庁の設置した「生活安全研究会」委員。
    公益財団法人「全国防犯協会連合会」理事。
    進士肇弁護士の岳父。
    元革マルの闘士青山敏夫に
    国家の防犯情報を洩らしていないかどうかは、 
    いまだ不明。



 6 石黒一利弁護士

   「篠崎・進士法律事務所」の小間使い的弁護士。
   さして詳細を書くほどの価値はないが、念のために書いておくと、
   愛知県生まれ。同志社大学法学部卒。平成20年弁護士登録。





スポンサーサイト

港区詐欺集団研究資料一覧

2022年06月09日 
 

     「港区詐欺集団」研究資料一覧



 参考文献 
        会員制雑誌『ナイルス・ナイル』
        (ナイルスコミュニケーションズ)
        山口昭著『債権者会議』(太田出版)
        山口昭著『倒産責任者』(太田出版)

 参考ネット
       「WEBーNILE」
       「ナイルスナイル」
       「ナイルスコミュニケーションズ」
       「篠崎・進士法律事務所」
       「進士肇弁護士」
       「篠崎芳明弁護士」
       「石黒一利弁護士」
        ブログ「aoyamaーnile」
       (自称青山俊夫こと本名青山敏夫のブログ)
       「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」




熱唱! 虎ノ門街道

2018年04月24日 

 皆さま。
 本日も、ようこそいらっしゃいました。

 皆さま方の熱い視線を浴び続けながらも、
 この発表会で独唱することのなかった、
 港区虎ノ門、
 「篠崎・進士法律事務所」の若きドン、 
 進士肇大先生が、
 やっと、独唱を承諾してくださいました。

 お待たせしました。
 実に、長らくお待たせいたしました。

 
 東京弁護士会の会長の座を狙って苦節5年
 もうすぐ手の届くところまで来ていたのに、
 あの世川名人に、その野心を暴露され、
 票集めの週一野球大会、週一ゴルフコンペ。
 いまだに実を結びません。
 辛いところであります。

 いったい、
 東大法学部出の優秀な進士肇先生が、東京弁護士会のどこかの会長の座に就くのはいつの日なのでございましょう。


 日暮れて途遠し。


 しかし、
 進士肇先生は、
 決してくじけません。
 愛唱歌である、星野哲郎先生の傑作『出世街道』、
 あの歌を口ずさみながら、
 日大法学部出の岳父篠崎先生から譲られた幅広い人脈と、
 野球とゴルフで培った固い人脈、
 それを活用して、
 必ずや、東京弁護士会のどこかの会長の座を、その手に収めることでありましょう。


 皆さま方!


 応援してあげてくださいませ。
 あらん限りの声で、声援を送って上げてくださいませ。

 日本中の詐欺師から、
 その「仮差押え」のテクニックの高さを、評価され、期待されて来た進士肇先生でございます。
 進士肇先生なくして、日本詐欺師界は成立せず!
 それくらいに貴重な人材です。
 平成日本社会は、この人材を失ってはなりません。


 どうか。拍手を。
 どうか。どうか。
 進士肇先生の熱唱『虎ノ門街道』に、耳も心も預けての盛大な拍手を~~!



 元歌
  やるぞみておれ 口には出さず
  腹におさめた一途な夢を
  敗けてなるかよ くじけちゃならぬ 
  どうせこの世は いっぽんどっこ




        虎ノ門街道


    1
     やるぞ見ておれ 口には出さず
     世川に仕かけた 仮差押え
     やめてたまるか どこまでやるぞ
     俺は天下の 進士肇だ


    2
     人をおだてて 票を集めて
     必ずなりたい 弁護士会長
     野球やろうぜ ゴルフもやろう
     つき合い上手の進士肇だ


    3
     詐欺のうまみを俊夫で知って
     かなりハマった ところもあるよ
     なんの 地裁は怖くはないが
     俺は世川のしつこさ怖い


    4
     終わるあてない 裁判地獄
     ずっと続くか 世川の悪態
     石黒一利 浅野響が 
     怨みがましく 見る眼がつらい


    5
     東京にゃ弁護士 たくさんいるが
     詐欺師が頼るのは おいら一人さ
     任せなさいよ 安心なさい
     虎ノ門だぞ 進士肇だ






詐欺師青山俊夫との恒例裁判が、先週終わった。

2018年04月23日 


 

 

 恒例の裁判が、先週終わったらしい。

 

 詐欺師青山俊夫相手に、僕は、

 総額3千万円ほどの請求を出していて、

 次回は、その根拠を提出する。

 

 さんざくさ嘘だらけの理由で東京地裁をだまし、

 東武鉄道株から印税から、仮差押えをやってきた「港区詐欺集団」、

 これからこちらが出す証拠に対して、

 どんな回答を出して来るのか、

 世川行介、

 非常に楽しみだな。



 何と言っても、

 僕たちの相手は、

 信用取引で買った株の現引き代金を損金に計上して、1000万円の仮差押えをかけて来る浅野響弁護士石黒一利弁護士だからねえ。



 皆さん。


 証券訴訟をやる時には、

 請求金額を大きくしてくれる虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」の進士肇大先生か、

 あそこから独立した、

 日本橋、「響総合法律事務所」の浅野響大先生が頼み甲斐があると思うよ。



 まあ、最後には、笑われて、赤っ恥をかくけどね。

 

 

 だいたい、

 この間の準備書面で、

 詐欺師青山俊夫が僕との代理売買契約を突然に打ち切ったのは、

 「訴外福田智子を誹謗中傷した」ことと、

 評価損が多額に出ていたからだ、

 などという面白い理由を出して来ていた。



 じゃあ、それまでの実益はどうだったんだ? 

 という話で、

 あいつら、それまで出ていた実益については、1円も書いていない。

 裁判所を平気な顔で騙そうなんて、

 ふざけた連中だよ。まったく。


 まあ、

 株式売買の計算も満足にできない不勉強弁護士たちだから、仕方がないか。

 

 

 次は6月上旬だそうで、

 だんだん佳境に入ってきて、

 真相がこの世に明らかになって来る。

 とってもいいことじゃないか。

 

 

 「富裕層のための高級情報誌・ナイルス・ナイル」発行会社の取締役二人。

 やりまっせ!のオーナー青山俊夫君。

 一緒にやりまっせ!の女詐欺師福田智子者社長

 

 やろうな。



 頼むから、

 裁判が終わるまでは、ナイルスコミュニケーションズを潰すなよ。







これが、ナイルスコミュニケーションズの取締役二人が、他人の通帳を詐取した証拠写真。

2018年04月13日 



 見ておくれ。


 

 下の写真は、

 一方的に売買代行契約を破棄された後、

 堤重役が、僕に頼まれて、

 現在ナイルスコミュニケーションズ社長の福田智子に、打ったメールだ。



64e5c6c26c7fcb78a675fbf66572e327_s.jpg 


 


 見づらいかもしれないので、

 何が書かれているかを打ちなおすと、



    堤です。世川さんの印鑑と通帳及び

    住民票と郵便物を、僕のところに送ってい

    ただけますか? お返事ください。



 こう書かれているわけだ。


 

 しかし、

 ナイルスコミュニケーションズのオーナー青山俊夫と、

 当時経理部長だった福田智子

 この二人の詐欺師たちは、何一つ返事も寄越さず、

 2年間、僕の通帳や実印を詐取したまま、

 あろうことか、2年後に、二枚証文を使って、

 僕の所有していた東武株に仮差し押さえをかけて来たのだ。

 僕の実印を持ったままでだぞ。

 

 

 

 僕が、

 実印返せ!原稿料を払え!の裁判を打って、

 そこで、自分達の嘘がばれて、

 やっと返してきたのだ。



 とんだ「富裕層のための情報誌ナイルス・ナイル」発行会社の取締役たちだよ。





 

世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。