主な登場人物

2022年07月09日 

        主な登場人物(随時書き込み)





 1 「自称青山俊夫」こと青山敏夫

   (株)ナイルスコミュニケーションズのオーナー。
   会員制雑誌「NILES-NILE(ナイルスナイル)」と
   ネット「WEB-NILE」を主宰。
   本人の言によると、
   長野県松本深志高校出身。東大を落ち、早稲田大学に行くも、
   極左集団革マルに入り、逮捕歴3回を受ける。
   実名を隠し、「青山俊夫」を名乗り、ナイルスコミュニケーションズを興し、
   オーナーにして前社長。l
   本名を隠し、生年月日を隠し、一葉の写真も人目に曝さず、自筆を残さず、
   法スレスレの行為をおこなってきたが逮捕されたことのない伝説の詐欺師。
   その素顔は、彼の犠牲になった山口昭さんの残した『債権者会議』に、
   わずかに残されている。



   

 2 ナイルスコミュニケーションズ現社長福田智子

   下北半島出身。年齢学歴不詳。
   「自称青山俊夫」の言によると、
   企業再生機構の一員として辣腕をふるった有能な人材だそうな。
   「自称青山俊夫」が、「俺の女だ」と公言してはばからない詐欺の相棒で、
   僕の著書での二つの詐欺事件にも深くかかわった。
   愛称「堤重役」に対する「500万円詐欺」では、
   詐欺の実行犯として動き、
   現在、「堤重役」によって、各所に訴えられている。


  

 3 篠崎・進士法律事務所


   「自称青山俊夫」に知的犯罪の手法を伝授している法律事務所。
   港区虎ノ門1-6-12 大手町建物虎ノ門ビル6F。
   代表者の篠崎芳明と進士肇は、義理の親子。




 4 進士肇弁護士

   篠崎芳明弁護士の娘婿。篠崎に乞われて、篠崎の法律事務所に移転。
   東大法学部卒。専門は、「倒産法」。
   「篠崎・進士法律事務所」の実質的責任者。  
   人の噂では、将来の東京都弁護士会会長の座を夢見て活動中、とのこと。
   自称青山俊夫こと青山敏夫の「港区詐欺集団」の法律面での指導者。
   詐欺がバレているのも知らず、「500万円詐欺」を法廷で展開中。
   要注目。



 5 篠崎芳明弁護士
   
    「自称青山俊夫」が、
   「俺の仲間で、やり手の弁護士で、
    ヤバい仕事は彼が全部片付けてくれるから安心しろ。」
    と豪語した熟練弁護士。
    元東京都弁護士会副会長。
    警察庁の設置した「生活安全研究会」委員。
    公益財団法人「全国防犯協会連合会」理事。
    進士肇弁護士の岳父。
    元革マルの闘士青山敏夫に
    国家の防犯情報を洩らしていないかどうかは、 
    いまだ不明。



 6 石黒一利弁護士

   「篠崎・進士法律事務所」の小間使い的弁護士。
   さして詳細を書くほどの価値はないが、念のために書いておくと、
   愛知県生まれ。同志社大学法学部卒。平成20年弁護士登録。





スポンサーサイト

港区詐欺集団研究資料一覧

2022年06月09日 
 

     「港区詐欺集団」研究資料一覧



 参考文献 
        会員制雑誌『ナイルス・ナイル』
        (ナイルスコミュニケーションズ)
        山口昭著『債権者会議』(太田出版)
        山口昭著『倒産責任者』(太田出版)

 参考ネット
       「WEBーNILE」
       「ナイルスナイル」
       「ナイルスコミュニケーションズ」
       「篠崎・進士法律事務所」
       「進士肇弁護士」
       「篠崎芳明弁護士」
       「石黒一利弁護士」
        ブログ「aoyamaーnile」
       (自称青山俊夫こと本名青山敏夫のブログ)
       「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」




これからは、ここに注目してくれ。

2018年02月11日 




 長く待ち焦がれたが、
 世川桃太郎君と詐欺ヶ島の「自称青山俊夫」との裁判闘争が本格化する。

 昨日書いた通り、
 当方、ナイルスコミュニケーションズオーナーで詐欺師の青山俊夫に対して、
 1266万円の報酬金の請求を出した。


 断わっておくが、
 これには、他の銘柄の報酬金は含まれておらず、
 あくまでも、クラリオン株売買に限定した報酬金の請求だ。
 他の報酬金の請求は、
 また違う形で出す。


 当方の請求に関して、
 3月15日までに、
 「港区詐欺集団」の使い走り弁護士、浅野響と石黒一利が、
 司令塔「進士肇」の指導の下、
 「篠崎・進士法律事務所」の知恵を結集して、
 回答を出してくる。


 それこそが、いい見世物だ。

 この詐欺師たちが、
 1266万円の請求に対して、どんな内容の回答を書いて来るのか、
 しっかり見てくれ。


 存分に楽しませてあげる。





さあ、これから、桃太郎の鬼退治だ。

2018年02月10日 



 いよいよ、詐欺師青山俊夫こと本名青山敏夫との裁判が本格化して来た。


 今回、
 世川行介君は、
 民法130条に則って、
 クラリオン株売買の利益だけに限って、
 詐欺師青山敏夫に対して、
 1266万円の「得べかりし利益」を請求した。


 あの詐欺師がやった二枚証文詐欺の275万円とは、
 ちょっと額が違う。


 戦いの推移は、ここにきちんと報告する。
 あいつらのこれからの主張も、ここにきちんと報告する。
 詐欺集団の司令塔である、
 港区虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」主宰の進士肇が、
 どんな詐欺師集団らしい弁論をするか、
 どうか、それを楽しみに眺めてやってくれ。


 詐欺集団のやる詐欺手口の学習になるはずだから、
 皆さん。たんと学習してくれ。



あと数日したら、本格的な戦いが始まる。

2018年02月05日 




 ナイルスコミュニケーションズのオーナーである自称青山俊夫こと青山敏夫と、
 港区詐欺集団の司令塔である港区虎ノ門「篠崎・進士法律事務所」の進士肇弁護士、
 この二人が率いる詐欺師一派が、
 これまで、嘘八百の主張をしてきていて、 
 僕たちは、
 黙って、
言わせるだけを言わせ、
 やりたいようにやらせておいたが、


 今年からは、攻守交替!


 詐欺師たちの化けの皮を、
 ネット世界の「良識を生きる人たち」の目の前で、
 数日後にある裁判所での問答を動かぬ証拠として、
 ここで、一枚一枚剥がしていく。


 ナイルスナイルなんて、見かけだけは高級そうな雑誌を出して、
 「富裕層のために」などとほざいているこの詐欺師連中が、
 本当は、どんな連中か、
 そして、
 今回、どんなことをやったのか、
 その正体を見せてあげる。


 ここからが、世川行介の戦いだ。
 よく見ていてくれ。





世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR