あ詐欺師青山俊夫。お前がペテンにかけた人だよ。

2017年10月11日 




 詐欺師ペテン師青山俊夫。


 お前がペテンにかけた人が、国政参加に名乗りをあげぞ。
 どうだ。口車を生きるペテン師の心境としては。


 読者諸氏。

 このペテン師を許すな。

 こいつは、
 だれでも、騙し、ペテンにかける。
 何が、「富裕層のためのナイル。ナイル」だ。


 くれぐれも、ご用心。





スポンサーサイト

数日の休憩をお許しあれ。

2017年10月09日 
 


 世川行介君は、
 今日から数日、彦根を離れ、
 千葉県流山市に行き、
 非常に忙しいので、
 詐欺師相手の文章を書いている暇がない。


 彦根の部屋に戻って来るまで、
 2~3日休憩をするので、
 お許しあれ。





世川行介、歌謡詞リメイク教室 その9

2017年09月23日 


 本日の課題曲は。
 山上路夫先生のあの名曲、「二人でお酒を」。
 胡坐をかいて開き直った梓みちよさんの姿が良かったですね。
 わたくしの希望としては、
 あの開き直り熱唱を、
 ぜひ、
 ナイルスコミュニケーションズ社長の福田智子さんにやっていただきたい。
 切に希望してやみません。


「あの~。
 私でよかったら、
 ぜひやらせてください。」


 なんだ、なんだ。
 福田智子さん。そこにいらしていたんですか。
 そうですよねえ。
 いまや、福田智子なくして、世川行介歌謡詞リメイク教室なし。
 それくらいの存在感を響かせている、この教室のアイドルですものね。


 では、
 福田智子さんに、今日も熱唱していただきましょう。
 富裕層の歌姫、福田智子さん。
 今日の課題曲は、
 『二人でお詐欺を』!
 さあ、どうぞ~!


 元歌1番

    うらみっこなしで別れましょうね
    さらりと水にすべて流して
    心配しないで一人っきりは
    子供のころから慣れているのよ
    それでもたまに淋しくなったら
    二人でお酒を 飲みましょうね
    呑みましょうね


   リメイク1番

     ナイルス・ナイル あきらめましょうね
     進士も浅野も 手を切りましょう
     心配しないで 冷たい世間は
     ここ1年で慣れてきたから
     それでもおカネが乏しくなったら
     二人でお詐欺を やりましょうね
     やりましょうね



 元歌2番

   いたわりあって別れましょうね
   こうなったのもお互いのせい
   あなたと私は似たもの同士
   欠点ばかりが目立つ二人よ
   どちらか急に淋しくなったら
   二人でお酒を 飲みましょうね
   飲みましょうね

   どうにかなるでしょ ここの街の
   どこかで私は生きていくのよ
   それでもたまに淋しくなったら
   二人でお酒を 飲みましょうね
   飲みましょうね


   リメイク2番

     つぶれる前にやめときましょうね
     こうなったのも世川のせいよ
     あなたと私は似た者同士
     大ぼらばかりが目立つ二人よ
     どちらかおカネが乏しくなったら
     も一度お詐欺を やりましょうね
     やりましょうね

 
     どうにかなるでしょ WEB-NILE
     あれなら何とか食べていけるわ
     それでもおカネが乏しくなったら
     やっぱりお詐欺を やりましょうね
     やりましょうね


 おそまつ。



昨日は、堤重役がオロオロ電話をくれていたぞ。

2017年09月20日 
 

 昨日ここに文章を書いた後、
 東京の堤重役から、何十日ぶりかの電話が来て、
「私が金持ちだなんて書かないでくださいよ。」
 と言う。
「僕が僕の日記に何を書こうと、僕の勝手だ。」
 一蹴しておいた。


 彼は、これまでの詐欺師青山俊夫のやり口を見ていて、 
 たとえ、あれが詐欺であっても、
 証拠のない限りは、
 このままだと、自分のところに、青山俊夫が必ず取立てに来る、と確信していて、
 それは、僕も、そうだろうと思っているが、
 440万円をやくざでも使って取り立てに来るんじゃないかと、
 それが怖くての電話だ。


 まあ、情けない男だ。
 それが嫌なら、腹を決めて、トコトン戦えばいいだろうに、
 いまだに、グチグチ泣くばっかりで、躰を動かそうとしない。
 猪上一生という男もそうだったが、
 自分の嫌なことでは、ホント、怠け者ものばっかりで、
 最後のツケだけ、僕のところに持ってくる。
 なんでも全部、僕が片づけてくれると、思い込んでいるらしい。


 先日も、或る人が、
「なんで世川さんは、あんな人ばっかり可愛がったんですか?
 それがどうしても不思議で。」
 と、笑顔で嫌味を言っていた。
「ハハハ。まあ、そう言うな。」
僕も笑って誤魔化したけどね。


 証拠写真が掲載できるようになったお陰で、
 ここの読者数も増えて来た。

 今日もまた、
 証拠写真入りで、
 詐欺師青山俊夫と女詐欺師福田智子、
 それに、無学の塊みたいな浅野響弁護士と、それを指揮している進士肇、
 かれら「港区詐欺集団」の全貌を、
 僕が証明してあげるので、
 気にかけて読みに来てくれ。




やっと写真掲載ができるようになった。これはテスト。

2017年09月18日 
 


 やっと、ここの日記で写真掲載ができるようになった。
 これからは証拠写真付きでやるから、
 乞うご期待。




fc2blog_20170918033013d6e.jpg
世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR