熱唱! 虎ノ門街道

2018年04月24日 

 皆さま。
 本日も、ようこそいらっしゃいました。

 皆さま方の熱い視線を浴び続けながらも、
 この発表会で独唱することのなかった、
 港区虎ノ門、
 「篠崎・進士法律事務所」の若きドン、 
 進士肇大先生が、
 やっと、独唱を承諾してくださいました。

 お待たせしました。
 実に、長らくお待たせいたしました。

 
 東京弁護士会の会長の座を狙って苦節5年
 もうすぐ手の届くところまで来ていたのに、
 あの世川名人に、その野心を暴露され、
 票集めの週一野球大会、週一ゴルフコンペ。
 いまだに実を結びません。
 辛いところであります。

 いったい、
 東大法学部出の優秀な進士肇先生が、東京弁護士会のどこかの会長の座に就くのはいつの日なのでございましょう。


 日暮れて途遠し。


 しかし、
 進士肇先生は、
 決してくじけません。
 愛唱歌である、星野哲郎先生の傑作『出世街道』、
 あの歌を口ずさみながら、
 日大法学部出の岳父篠崎先生から譲られた幅広い人脈と、
 野球とゴルフで培った固い人脈、
 それを活用して、
 必ずや、東京弁護士会のどこかの会長の座を、その手に収めることでありましょう。


 皆さま方!


 応援してあげてくださいませ。
 あらん限りの声で、声援を送って上げてくださいませ。

 日本中の詐欺師から、
 その「仮差押え」のテクニックの高さを、評価され、期待されて来た進士肇先生でございます。
 進士肇先生なくして、日本詐欺師界は成立せず!
 それくらいに貴重な人材です。
 平成日本社会は、この人材を失ってはなりません。


 どうか。拍手を。
 どうか。どうか。
 進士肇先生の熱唱『虎ノ門街道』に、耳も心も預けての盛大な拍手を~~!



 元歌
  やるぞみておれ 口には出さず
  腹におさめた一途な夢を
  敗けてなるかよ くじけちゃならぬ 
  どうせこの世は いっぽんどっこ




        虎ノ門街道


    1
     やるぞ見ておれ 口には出さず
     世川に仕かけた 仮差押え
     やめてたまるか どこまでやるぞ
     俺は天下の 進士肇だ


    2
     人をおだてて 票を集めて
     必ずなりたい 弁護士会長
     野球やろうぜ ゴルフもやろう
     つき合い上手の進士肇だ


    3
     詐欺のうまみを俊夫で知って
     かなりハマった ところもあるよ
     なんの 地裁は怖くはないが
     俺は世川のしつこさ怖い


    4
     終わるあてない 裁判地獄
     ずっと続くか 世川の悪態
     石黒一利 浅野響が 
     怨みがましく 見る眼がつらい


    5
     東京にゃ弁護士 たくさんいるが
     詐欺師が頼るのは おいら一人さ
     任せなさいよ 安心なさい
     虎ノ門だぞ 進士肇だ






スポンサーサイト

詐欺師青山俊夫との恒例裁判が、先週終わった。

2018年04月23日 


 

 

 恒例の裁判が、先週終わったらしい。

 

 詐欺師青山俊夫相手に、僕は、

 総額3千万円ほどの請求を出していて、

 次回は、その根拠を提出する。

 

 さんざくさ嘘だらけの理由で東京地裁をだまし、

 東武鉄道株から印税から、仮差押えをやってきた「港区詐欺集団」、

 これからこちらが出す証拠に対して、

 どんな回答を出して来るのか、

 世川行介、

 非常に楽しみだな。



 何と言っても、

 僕たちの相手は、

 信用取引で買った株の現引き代金を損金に計上して、1000万円の仮差押えをかけて来る浅野響弁護士石黒一利弁護士だからねえ。



 皆さん。


 証券訴訟をやる時には、

 請求金額を大きくしてくれる虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」の進士肇大先生か、

 あそこから独立した、

 日本橋、「響総合法律事務所」の浅野響大先生が頼み甲斐があると思うよ。



 まあ、最後には、笑われて、赤っ恥をかくけどね。

 

 

 だいたい、

 この間の準備書面で、

 詐欺師青山俊夫が僕との代理売買契約を突然に打ち切ったのは、

 「訴外福田智子を誹謗中傷した」ことと、

 評価損が多額に出ていたからだ、

 などという面白い理由を出して来ていた。



 じゃあ、それまでの実益はどうだったんだ? 

 という話で、

 あいつら、それまで出ていた実益については、1円も書いていない。

 裁判所を平気な顔で騙そうなんて、

 ふざけた連中だよ。まったく。


 まあ、

 株式売買の計算も満足にできない不勉強弁護士たちだから、仕方がないか。

 

 

 次は6月上旬だそうで、

 だんだん佳境に入ってきて、

 真相がこの世に明らかになって来る。

 とってもいいことじゃないか。

 

 

 「富裕層のための高級情報誌・ナイルス・ナイル」発行会社の取締役二人。

 やりまっせ!のオーナー青山俊夫君。

 一緒にやりまっせ!の女詐欺師福田智子者社長

 

 やろうな。



 頼むから、

 裁判が終わるまでは、ナイルスコミュニケーションズを潰すなよ。







見てやってくれ。

2018年04月11日 



 詐欺師青山俊夫や福田智子との戦いの推移に関心のある<未知の読者>諸氏のために、

 面白いものを見せてあげる。


 裁判で、
 自称青山俊夫が、
 「取締役である訴外福田智子を「誹謗中傷した」ので、世川との取引を翌日からやめた。」
 と書いていたが、


 「誹謗中傷した」と言われているあの日、
 当時は、ナイルスコミュニケーションズの取締役兼経理部長であった福田智子が。
 堤重役が、何度も株式売買の報酬金の送金依頼のメールを打っても、
 前の日から、
 逃げ回って、
 電話にも出てこず、メールに返事も寄越さず、
 翌日夕方6時にもなって、やっと送金してきたが、
 二日間、
 逃げ回って送金してこない様が、
 以下のような形で残っている。


 よく見てくれ。



62c940fbbc10d81b14e18cb57ba8dafd.jpg 




875c76c56c10cd86305964f33c2c4c98.jpg 




 なにが、「誹謗中傷」だ。


 ナイルスコミュニケーションズ取締役で経理部長だった福田智子。
 10万円ぽっちの原稿料は払わないわ
 それよりも少額の株式売買報酬金は振り込んでこないわ。
 そんな「経理部長」、見たこともない。


 それに苦情を言って、「訴外福田智子を誹謗中傷」などと言われた日にゃ、
 たまったもんじゃない。


 この詐欺師二人が取締役をやっている会社が、
 「富裕層のための情報誌」発行会社だと言っているところが笑わせる。


 こんな実態を知らずに、
 「Web-nile」につき合っている会員さんたちに、
 正義の人世川行介からの忠告だ。






歌謡詞リメイク教室 19年第14弾!

2018年04月10日 


 皆さま。
 ようこそおいでくださいました。
 彦根市袋町、韓国料理「大邱」にはかないませんが、
 満員御礼の札を出したいくらいの盛況ぶり。
 わたくし、ただただ感激の一言です。
 ありがとうございます。
 本当にありがとうございます!


 それにいたしましても、
 量産体制に入った世川名人の歌謡詞リメイク作品、
 拝見するたびに円熟味を感じ、
 司会者としてのやり甲斐が膨らむ今日この頃であります。


 本日の新作発表は、
 阿久悠大先生の『狙いうち』。
 山本リンダさんがうたっていましたね。
 あまりにも有名なので、
 歌詞紹介は致しません。


 今日もまた、歌唱は、TANUKOさんです。


 世川名人の筆によって、
 いまや、「稀代の女詐欺師」として、日本中知らない人はいなくなった有名人、
 TANUKOさんこと、
 ナイルスコミュニケーションズ社長の福田智子さん。
 彼女の存在意義は大きいですねえ。
 あの美貌。
 あの歌唱力。
 あの詐欺弁舌。
 それを支える強靭な舌力。
 実に素晴らしい。
 堤重役が、思わず、受取無しで現金を渡した気持ちもよ~くわかります。
 詐欺師青山俊夫</font>さんが、手塩にかけて育てた逸材、
 歌手業と社長業と詐欺業の三足の草鞋を履いての奮闘ぶり。
 よく頑張っています。

 どうか、皆さま。
 絶大な拍手で迎えてやってくださいませ。


 福田智子は不滅です。
 ナイルスコミュニケーションズは不滅です。
 「港区詐欺集団」は不滅です!!!
 『詐欺る時には狙いうち』。
 どうぞ~!
 


      詐欺る時には狙いうち      


     ウララ ウララ ウラウラの
     この世は智子のためにある

     見ててごらん この智子
     今にセレブ 富裕層
     きたえ上げた 舌の先
     そうなる値打があるはずよ

     犯罪スレスレ 貯金引き出し
     逃がさない 堤 狙いうち!

     詐欺師に稀なこの美貌
     無駄にしては罪になる
     高年収の男だけ
     私に触れても構わない


    2
     ウララ ウララ ウラウラの
     この世は智子のためにある

     1千万円盗るために
     裁判したっていいじゃない
     それでセレブになれるなら
     お安いものだと思うでしょ

     違法スレスレ 二枚証文
     逃がさない 世川 狙いうち!

     石黒一利前に出し
     詐欺の隠蔽 はかりたい
     Web-nileで見栄張って
     セレブを気取って生きるのよ





歌謡詞リメイク教室 19年第13弾!

2018年04月09日 


   歌謡詞リメイク教室 19年第13弾!

 

 

 溢れる才能を持て余し、

 リメイク作品の量産体制に入ったという噂が駆け巡っている世川名人。

 もう、名人のパソコンの中には、数十曲のリメイク作品が横たわって、

 自分の出番を待っているそうでございます。

 

 

 何故、そのような量産が可能かと、名人に訊きましたら、

 

「智子の先に智子無し。

 俊夫の後に俊夫無し。」

 

 そんな言葉が返ってきました。

 わたくし、

 作者にとっての「題材の重要性」ということを教えられた次第であります。

 

 

 池波正太郎先生が、

 信州上田真田一族の資料に遭遇した時、

「これで10年は作家で食っていける。」

 と歓喜の声を上げたそうですが、

 世川名人、

 奇しくも、同じ信州上田を故郷に持つ詐欺師青山俊夫さんと出遭っての円熟。

 いい題材を掴んだものですねえ。

 

 

 本日発表のリメイク作品は、

 藤公之介作詞の『チョット見のいい女』

 今は超お澄ましの泉ピン子さんがうたっていましたねえ。

 

 

 わかっております。

 もう、これ以上の解説は致しません。

 味わいましょう。

 楽しみましょう。

 堪能しましょう。


 

 さあ。

 ナイルスコミュニケーションズの詐欺師取締役の、

 青山俊夫さん、そして福田智子さん。

 行きましょう~!



  元歌1

   チョット見のいい女

   お前のことさ

   チョット見はいいけれど

   よく見りゃ駄目さ

   俺がいなけりゃ もらってやらにゃ

   お前は一生 つぼみのままさ

   チョット チョット チョット見のいい女


  元歌2

   チョット見のいい男

   あなたのことよ 

   チョット見に騙された

   私が馬鹿ね

   もう少し花を咲かせていれば

   もっとハンサムに出逢えたはずね

   チョット チョット チョット見のいい詐欺師


 

 

          チョット見のいい詐欺師

 

 

     リメイク1

          チョット見のいい詐欺師

          智子のことさ

          チョット見はいいけれど

          よく見りゃヘボさ

          俺がいなけりゃ 教えてやらにゃ

          お前は一生 ヘボ詐欺のままさ

          チョット チョット チョット見のいい詐欺師

 

        2

          チョット見のいい詐欺師

          俊夫のことよ

          チョット見に憧れた

          私も馬鹿ね

          もう少しうまく詐欺っていれば

          世川なんかは潰せたものを

          チョット チョット チョット見のいい詐欺師

 

 

        3

          チョット見のいいカッペ

          俊夫のことよ

          チョット見のいいカッペ

          智子のことさ

          下北半島 信州上田

          故郷隠して 東京で詐欺師

          ョット チョット チョット見のいい二人






世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR