主な登場人物

2022年07月09日 

        主な登場人物(随時書き込み)





 1 「自称青山俊夫」こと青山敏夫

   (株)ナイルスコミュニケーションズのオーナー。
   会員制雑誌「NILES-NILE(ナイルスナイル)」と
   ネット「WEB-NILE」を主宰。
   本人の言によると、
   長野県松本深志高校出身。東大を落ち、早稲田大学に行くも、
   極左集団革マルに入り、逮捕歴3回を受ける。
   実名を隠し、「青山俊夫」を名乗り、ナイルスコミュニケーションズを興し、
   オーナーにして前社長。l
   本名を隠し、生年月日を隠し、一葉の写真も人目に曝さず、自筆を残さず、
   法スレスレの行為をおこなってきたが逮捕されたことのない伝説の詐欺師。
   その素顔は、彼の犠牲になった山口昭さんの残した『債権者会議』に、
   わずかに残されている。



   

 2 ナイルスコミュニケーションズ現社長福田智子

   下北半島出身。年齢学歴不詳。
   「自称青山俊夫」の言によると、
   企業再生機構の一員として辣腕をふるった有能な人材だそうな。
   「自称青山俊夫」が、「俺の女だ」と公言してはばからない詐欺の相棒で、
   僕の著書での二つの詐欺事件にも深くかかわった。
   愛称「堤重役」に対する「500万円詐欺」では、
   詐欺の実行犯として動き、
   現在、「堤重役」によって、各所に訴えられている。


  

 3 篠崎・進士法律事務所


   「自称青山俊夫」に知的犯罪の手法を伝授している法律事務所。
   港区虎ノ門1-6-12 大手町建物虎ノ門ビル6F。
   代表者の篠崎芳明と進士肇は、義理の親子。




 4 進士肇弁護士

   篠崎芳明弁護士の娘婿。篠崎に乞われて、篠崎の法律事務所に移転。
   東大法学部卒。専門は、「倒産法」。
   「篠崎・進士法律事務所」の実質的責任者。  
   人の噂では、将来の東京都弁護士会会長の座を夢見て活動中、とのこと。
   自称青山俊夫こと青山敏夫の「港区詐欺集団」の法律面での指導者。
   詐欺がバレているのも知らず、「500万円詐欺」を法廷で展開中。
   要注目。



 5 篠崎芳明弁護士
   
    「自称青山俊夫」が、
   「俺の仲間で、やり手の弁護士で、
    ヤバい仕事は彼が全部片付けてくれるから安心しろ。」
    と豪語した熟練弁護士。
    元東京都弁護士会副会長。
    警察庁の設置した「生活安全研究会」委員。
    公益財団法人「全国防犯協会連合会」理事。
    進士肇弁護士の岳父。
    元革マルの闘士青山敏夫に
    国家の防犯情報を洩らしていないかどうかは、 
    いまだ不明。



 6 石黒一利弁護士

   「篠崎・進士法律事務所」の小間使い的弁護士。
   さして詳細を書くほどの価値はないが、念のために書いておくと、
   愛知県生まれ。同志社大学法学部卒。平成20年弁護士登録。





スポンサーサイト

港区詐欺集団研究資料一覧

2022年06月09日 
 

     「港区詐欺集団」研究資料一覧



 参考文献 
        会員制雑誌『ナイルス・ナイル』
        (ナイルスコミュニケーションズ)
        山口昭著『債権者会議』(太田出版)
        山口昭著『倒産責任者』(太田出版)

 参考ネット
       「WEBーNILE」
       「ナイルスナイル」
       「ナイルスコミュニケーションズ」
       「篠崎・進士法律事務所」
       「進士肇弁護士」
       「篠崎芳明弁護士」
       「石黒一利弁護士」
        ブログ「aoyamaーnile」
       (自称青山俊夫こと本名青山敏夫のブログ)
       「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」




未払い原稿料5万円が支払われるそうな。

2017年10月15日 
 


 さんざくさ嘘をついて、
 そのたんびに、こっちの出す証拠で嘘がばれて、
 詐欺師の本拠地、ナイルスコミュニケーションズ、
 裁判所の和解案を受け入れざるを得ず、
 とうとう、僕に、未払い原稿料5万円を支払うそうな。

 これがどういうことか、
 皆さん。おわかりか?


 これだけじゃない。
 これから、まだまだ出てきますからね。

 どうか、今後の展開をお楽しみに。


 ただネ。
 笑ってやっておくれよ。


 こいつら、
 僕に原稿を頼んだ覚えはない。と言っておきながら、
 最後になったら、
「世川は、
 原稿料85000円のうち、35000円は受け取っている、
 と主張しているのだから、
 残金5万円を支払う。」
 だってさ。

 詐欺師の銭勘定は、みみっちいねえ。


 どうだ。ナイルスコミュニケーションズ社長にして女詐欺の師福田智子。
 未払金5万円の4年分の利息を35000円ほどつけて払ってきちゃ。





440万円詐欺に使った通帳も返してくれるんだとさ。

2017年10月14日 
 


 裁判所からの和解案で、
 未払い原稿料5万円だけでなく、
 死んだ親父のたった一つの形見である象牙の印鑑と、
 あいつらが440万円詐欺に悪用した僕のゆうちょ通帳、
 それも返してくれるんだとさ。


 詐欺師青山俊夫。

 その通帳、 
 僕に返して大丈夫か?

「一部破損したので破いて消えたページもあります。」
 まさか、そんなのはないだろうな。
 頼むぜ。福田智子。


 これで、
 僕が原告で、ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子を訴えていた裁判の方は、終わった。
 残るは、詐欺師青山俊夫相手の裁判だけになった。


「世川に原稿を依頼した事実はない!」

 面白かったね。あの主張。


 皆さん。
 もっともっと、腹を抱えて笑わせてあげるから、
 乞うご期待!





詐欺実行犯のナイルスコミュニケーションズ社長福田智子。待ってろよ。

2017年10月12日 



 一昨日だかに、
 詐欺師青山俊夫との裁判があった。


 僕が、この度の総選挙で、波多野里奈という「希望の党」からの立候補者のポスター貼りで忙しくしていたものだから、
 佐賀弁護士先生が、
「反論は次回に回しましょう。」
 ということになって、
 今回は、軽く流れたみたいだ。


 彦根に帰って来たばかりで、
 まだそこいらの詳しい話を聞いていないので、
 またご報告する。


 あいつらの詐欺に遭って泣いていた堤重役が、
 やっと、メソメソ泣くのをやめて、
 詐欺師青山俊夫とその相棒の福田智子への戦闘意識を強固にし、
 準備も大方終わったので、
 来月、警察署に訴えに行くことになった。


 特に、
詐欺実行犯福田智子への怒りはすさまじく、
「あの女のやった犯罪行為だけは、
 とことん糾弾したいです。」
 とのことなので、
港区詐欺集団との戦い、
新たな展開となることだろう。



世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR