何故なんだ?!

2017年10月06日 
 

 何故なんだ?
 こんなにも心待ちに、毎日待っているのに、
 10月6日、午後2時になっても、
 青サギ俊夫君から、準備書面が届かない。
 浅野響背徳弁護士から、何も来ない。


 こんなことは、今まで一度もなかったことだ。

 心配だ。
 とっても心配だ。


 お~い。
 篠崎・進士法律事務所!
 早く送ってくれよ~。準備書面。




スポンサーサイト

まずは、クラリオン株188000株の戦いからだ。

2017年10月05日 
 


 詐欺師弁護士浅野響は怠け者らしく、
 詐欺師青山俊夫から、まだ準備書面は届いていない。


 だが、
 こちらからは、
 今日、本格的な戦いを開始した。
 詳しい内容は、まだ言えないが、
 クラリオン株188000株に関するものだ。


 クラリオン株とは、
 以下のようなものだ。


ふふふ


 この株。
 いま、443円もしているんだぜ。

 今から、堂々の戦いをして見せてあげるから、
 乞うご期待。




みんなからの忠告が増えて来た。

2017年09月07日 


 それにしても、世川行介、
 最近は、あっちこっちから、
「身辺に気をつけて!」
「部屋の戸締りは厳重に!」
「駅のホームでは、絶対に先頭に立たないで!」
 そんな忠告を受けるようになって、
 なんだかなあ、
 って感じだ。


 過日も、
 上京の際、
 日比谷線で一人立っていて、
 電車が来かけたら、突然後ろに人の気配がして、
「いけねえ。」
 あわてて後ろに下がり、
 不思議そうな顔をする後ろの人の見て、
 苦笑した次第。


 昨日は、関ケ原からマージャン屋へと、ドタバタして忙しかったので、
 彦根警察署に行くのを忘れた。
 近日中に行って来よう。


 心配してくれ皆さんには、
「裁判の間は、皆が注目しているから、
 何もしてきやしないよ。
 やってくるなら、裁判が終わってからだ。」
 と言っているのだが、
 僕の決めることでもないので、保証はできない。
 まあ、身の安全には、細心の注意を払おう。



「篠崎・進士法律事務所」と僕の身の危険

2017年09月06日 




 昨夜遅く、一本の電話が入った。

「世川さんですか?」
「はい。世川ですけど。」
「先日メールしたXXです。」
「はい。」
「メールではまどろっこしいので、電話させてもらいました。
 今、いいですか?」
「ええ。いいですよ。」

「世川さん。
 あなた。彦根の警察署に、身辺の注意をお願いしてありますか?」
「ええ。
 自称青山俊夫については、前に頼んでおきました。」
「あのね。
 青山俊夫ではなくて、
 「篠崎・進士法律事務所」からのものについてのお願いをしておいたがいいです。」
「はあ?」
「申し上げましたように、
 私は東京弁護士会の一員ですが、
 東京弁護士会では、「篠崎・進士法律事務所」と暴力団との癒着の噂があります。
 あなたはそんなことを知らずに、あの法律事務所相手に戦っているわけですけど、
 あなた、
 命の危険ということを少しは心配した方がいいと思います。
 明日にでも、彦根の警察署に行って、
 青山敏夫からだけではなく、
「篠崎・進士法律事務所」からの危険についても、
 お願いしておいた方がいいと思います。」
「そんなことだったんですか。」


「世川さん。
 東京に行った時は、
 もう、入谷のあのホテルはやめなさい。
 どっか、セキュリティのしっかりしたホテルに替えなさい。
 命の危険は、心配すべきです。」
「わかりました。
 じゃあ、明日早速、彦根警察署にお願いに行ってきます。」
「そうした方がいいと思います。」


「それとね、世川さん。
 浅野響弁護士は、
 以前篠崎事務所に所属してたのでしょうけど、
 所属していたときに違法差押えに荷担していたとすれば、
 刑事事件の対象となってもいいような気がします。」
「そうですか。
 佐賀先生に相談してみます。」


「世川さん。
 私たちは、世川さんの戦いを傍観しているだ
けで申し訳ないんですが、
 くれぐれも命だけは大切になさってください。
 身辺にご注意ください。」
「ありがとうございます。」


 そんな電話だった。

 せっかくの好意の電話なので、
 今日は彦根警察署に届けを出しに行こう。





篠崎・進士法律事務所ってのは、どんな法律事務所なんだ?

2017年09月02日 
 

 昨夜は、午後11時くらいから午前2時くらいまで、
 詐欺弁護士浅野響について書いたGOOブログの「~放浪日記」が、
 275万ブログ中70位とか60位を維持していて、
 そこから後は、眠ったので知らないが、
 大勢の方が、自称青山俊夫や篠崎・進士法律事務所との戦いに関心を持ってくれていることがわかり、
 嬉しかった。


 詐欺集団の司令塔である「篠崎・進士法律事務所」から独立して、響総合法律事務所とかをやっている、
 浅野響というチンピラ弁護士が、
 どんなに不勉強な無学者で、
 どんな阿呆な詐欺を仕掛ける男か、
 皆さんに、一人でも多くわかってもらえたら嬉しい。

 こいつは、独立したと言いながら、
 いまだに、準備書面を、篠崎・進士法律事務所から送信している。
 正体バレバレだ。
 
 
 僕は、
 追加担保と追加保証金の違いもわからず、
 「現引」が何かも知らず、
 それでシャーシャーと証券詐欺をかけてくるナイルスコミュニケーションズオーナーの青山俊夫や、詐欺師弁護士浅野響や、そのボスの進士肇だけは、
 絶対に許さない!と思っている。


 こういう連中が、
「儲けた方の売買は、
 青山俊夫の才覚で儲けたもので、
 損した方の売買は世川の責任だ。」
 などと言って、
 皆さん、
 そんな言葉が信用できるか?


 こいつらは、本当に、不勉強の賜物みたいな弁護士ばかりだ。
 こんな弁護士ばっかり抱えている虎ノ門の篠崎・進士法律事務所ってのは、
 いったい、どんな弁護士事務所なのだ?


 「現引」代金を「損金」に見立てて、
「850万円も損している!」
 と、法廷で真顔で言っている浅野響というチンピラ弁護士の無学さ加減に、
 僕などは、阿呆らしさしか感じない。
 こいつらを馬鹿と呼ばずして、誰を馬鹿と言えばいいのか。
 僕と喧嘩をする気なら、
 もっともっと勉強してから向かって来い。
 ってことだ。


 こんな基礎知識も知らない無学な自称青山俊夫に、
「おっ。富裕層!」などとおだてられていい気になっている「富裕層」とは、どんな人たちなのだろう?
 25000人もいるというナイルスナイル会員とやらの顔が見てみたい。


 こういう、怠け者のくせして人のお金だけは騙してでも盗ろうとする詐欺師連中を、
 ネット良識は、絶対に許してはならない。
 こんな連中に、嘘っぱちの会社案内や法律事務所案内を、ネットに掲示させてはならない。


 僕はご覧の通り、鼻っ柱の強い男だから、
 こんな連中とはとことん戦って見せるが、
 僕のような男ばかりがいるわけではない。
 優しく温厚な人が多い。
 ああいう詐欺師連中を放置したら、
 第二の山口昭さん、第二の堤重役が出てきかねない。

 ああいう詐欺師たちが、ネット世界を悪用して、次の犠牲者に牙を向ける前に、
 あいつらを、ネット世界から放逐することが大切だ。


 皆さん。

 ナイルスコミュニケーションズ。
 青山俊夫。
 福田智子。
 篠崎・進士法律事務所。
 弁護士浅野響。
 弁護士進士肇。

 こういった連中の正体を、
 是非、一人でも多くの人に拡散してやってくれ。
 一人でも多くの人に拡散して、
 こいつらが悪事ができないようにしてやってくれ。


 こいつらの正体を実証する証拠は、
 10月10日からは、
 イヤと言うほど、僕が、ここに見せてあげる。


 
世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR