対「港区詐欺集団」戦。第二幕スタート。

2017年07月31日 




 さっき電話があって、
 ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子の詐欺の可哀想な犠牲者となった「堤重役」が、
「世川さん。
 あれからずっと考えて、
 やっと、
 自分が福田智子に何をされ、どんな立場に置かされたのかが、理解できました。
 私なりの証拠をそろえて、
 青山通り郵便局を所管する警察署に行き、
 福田智子の詐欺被害に遭ったことを訴えてきます。」
 そう言った。

 対「港区詐欺集団」戦。第二幕のスタートだ。


 皆さん。
 オロオロしていた「堤重役」が、心底からの怒りで、ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子と真っ向から戦う気になった。
 そうか、声援してやってくださいな。

 彼は、僕のように鼻っ柱の強い男ではなく、
 日本社会にどこにでも見受けられるような平均的庶民だ。
 その彼が、詐欺被害に遭い、
 そのからくりの奥にある詐欺師たちの悪いを理解し、
 哀しみ、
 憤慨し、
 やっと戦う気になった。
 とてもいいことだと、僕は思う。


 「富裕層のため」などと、ネットにデカデカ書きたてて、
 たった二人しかいない取締役のその二人が詐欺行為に及ぶなど、
 これは、絶対に許してはいけない。
 こういうネット虚業は、
「ネット世論の良識」の力によって、
 裁判所とはまた異なった判決を出すべきだ。
 そうしなければ、
 第二の山口昭さん、台の「堤重役」が誕生してしまう。
 それを阻止するには、
 ネット世界への拡散によって、
 詐欺師たちの悪事のからくりを、一人でも多くの日本国民に報せることだと、
 僕は思う。


 港区虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」、
 そこのボスの進士肇弁護士、
 彼らもそうだ。
 弁護士が詐欺集団の中核にいて、詐欺の司令塔を演じるなど、
 これは、法の崩壊だ。
 あいつらが「法」を盾に身を守ろうとしても守れない「ネット世論の良識」が存在することを、
 僕たちは、あいつらに見せなくてはならない。


 いつも書くが、

 「ネット世論の良識」は、方向性さえ間違わなければ、
 「第5の力」となり得る。
 今に、必ず、そんな時代が来る。
 そして、
 そうした時代を到来させるためには、
 僕たちネットを愛する人間が、
 小さな努力を積み重ねることだ。
 僕は、この戦いを「自分の小さな闘い」だと思ってやって来た。


 ナイルスコミュニケーションズ社長の福田智子の詐欺行為を許してはならない。
 「篠崎・進士法律事務所」の破廉恥な法使用を許してはならない。
 こういう悪を規制する力を「ネット世論の良識」は獲得していることを世に示し、
 同じような悪がネット世界に侵入してくるのを止めるべきなのだ。


 人のいい小市民にすぎない「堤重役」が、
 ありったけの勇気を出して、
 いま、
 自分に投げつけられた詐取犯の汚名を跳ね返すために立ち上がった。

 どうか、
 彼に、声援の拍手を送ってやってくださいな。





スポンサーサイト

窮すれば青山俊夫。

2017年07月31日 
  


 いま、部屋に帰って来て、ネットを見たら、
 書き込む前に僕にバレて、言いふらされたものだから、
 さすがに恥ずかしくなったらしく、
 『~その真相』という面白いブログに、文章は何も書かれていなかった。


 中国人を装うなんて、せっかくいい手を考えたと思っていただろうに、
 邪魔して、悪かったな。

 また、新しい手を考えろよな。


 貧すれば鈍す、という言葉があるが、
 窮すれば「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」。
 いずれも素晴らしいネット防御壁だな。


 だけど、
 自分の防御ばっかりせずに、
 「篠崎・進士法律事務所」のためにも、何か考えてやれよ。


 忙しいので、
 以上、おしまい。





「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」 増刊号2

2017年07月31日 





      青山俊夫名言集



    その一


        真実は一つだけ。

        だから、
        語れない。


 だな。







ナイルス 青山俊夫 放浪日記』 夏季増大号

2017年07月31日 



    ナイルス 青山俊夫 放浪日記』  夏季増大号




 皆さま。ようこそおいでくださいました。

 「富裕層のため」のナイルスコミュニケーションズが、
 「全国の年収2500万円以上の富裕層」の皆さま方のために催しました『夏のディナーショー』。
 蒸し暑い夏の夜のひと時を、名曲の数々で心を涼しくさせてくださいませ。

 司会の大役のこの私は、
 ナイルスコミュニケーションズのためなら命も惜しまぬ虎ノ門の弁護士、カズトシ石黒です。
 皆様方。
 訴訟の時は、是非私どもにご一報くださいませ。
 仮差し押えは、倒産法を専門にしたボス進士肇率いる「篠崎・進士法律事務所」のお家芸。
 ご期待どおりのいい仕事をさせていただきます。


 それでは、まず、遠い昭和の懐メロから。

 お待ちかねのあの歌手が、
 ディック・ミネの名曲に仮託して、
 当ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子への熱い思いを絶唱!


       人生の並木路


    泣くな 智子よ 福田よ 泣くな
    泣けば信州山猿が
    故郷を棄てた甲斐がない


    遠い下北 日暮れの海で
    泣いて教えたこの俺の
    詐欺の心得 忘れたか


    生きていこうよ 手と手をつなぎ
    詐欺師の誇り 高らかに
    骨董通りの並木道


    札よ降れ降れ この懐に
    詐欺り くすねた その後に
    わが世の春は きっと来る

 
 いや~。
 心を打ってやまない絶唱でした。
 あらあら、そこのお客様、ハンカチで目頭なんかを抑えたりして。
 ・・・、
 なんだ。
 福田智子さんご本人か。


 続いての曲は、
 盟友「自称青山俊夫」に、
 あの詐欺友弁護士の彼が捧げる熱き友情の歌!
 どうか、ご静聴くださいませ。


      シンジ・ハジメ

 
   まさかと思っているのでしょうが
   実は 実は 二人は 詐欺友なんです
 
   ショック
   ショック
   シンジ~
   ハジメ~

   庶民を騙して金盗るプロは
   すべては港区詐欺集団なんです
   天下無敵の弁護士事務所
   突然差し押さえかけるのも
   倒産法の知恵を駆使してる
   そうです それが 私です


   シンジ~ハジメ~ あらわる あらわる
   シンジ~ハジメ~ あらわる あらわる
   真実言っては困ります
   嘘だけ言うのが 民事訴訟です

 
   言いますよ
   言いますよ
   言います 言います
   言います 言います

   仮差し押え~!

   ショック
   ショック
   シンジ~
   ハジメ~


   この世で詐欺といわれることは
   すべては詐欺友俊夫なんです
   山口昭の大負債
   500万円二重詐欺
   2枚証文やったのも。
   どれも全部 俊夫です

 
   シンジ~ハジメ~ あらわる あらわる
   シンジ~ハジメ~ あらわる あらわる
   真実言っては困ります
   嘘だけ言うのが 民事訴訟です

 
   言いますよ
   言いますよ
   言います 言います
   言います 言います

   仮差押え~!
 

   ショック
   ショック
   シンジ~
   ハジメ~


   消えますよ
   消えますよ
   虎ノ門から消えますよ
   弁護士会から消えますよ
   消えます
   消えます!




ネット基盤の最低線を踏みにじる者たちを許してはいけない。

2017年07月26日 
 


 さっき、『~その真相』というブログを眺めたが、
 今日も何も書いていない。
 どんな「真相」なのやら、
 何を書き込んでくるのやら、
 結構楽しみにしていたが、
 残念だ。


 これは、自称青山俊夫と「篠崎・進士法律事務所」の協議の果ての新ブログ立ち上げだったのかしら?
 そこにとても関心がある。


 皆さんもすでに理解なさっていることと思うが、
 架空人物をでっちあげてのいくつかのブログの立ち上げ、
 もう、
 ブログという庶民表現の信用を低下させかねない、恥も外聞もないネット乱用(悪用?)で、
 人はここまでのことがやれるものなのかと思うと、
 考えさせられるものがある。
 人間、こうはなりたくないな。


 真面目に物申すと、
 ブログは、
 たとえHNで書かれていようとも、
 一定の「ネット良識」の基盤の上に成立している<庶民の新しい表現の場>だ。
 その基盤の最低線だけは堅持しなくてはいけない。
 僕たちネットを愛する人間は、
 こういう似非ブログの存在を許すべきではない。






虚しさを感じさせられる戦いではあるけれど。

2017年07月25日 



 あんなやつらを、一丁前の人間とみなして戦っているかと思うと、
 世川行介、
 少しばかりの虚しさを感じるが、
 ここまで来たら仕方がないので、
 しばらくは、真面目に戦いを続けよう。


 あの連中の醜い本性が、
 こうして、
 一つ一つ皆さんの目の前にさらけ出されることは、
 決して悪いことではない。
 どんどん拡散してやってくださいな。





反吐の出そうな詐欺師たちだね。

2017年07月25日 



 この詐欺師たちは、
 もう、「人間のクズ」だね。

 こんな連中が、
「あなたはこの国の富裕層!」
 などと、<精神の田舎者>を褒め、
 褒められた<精神の田舎者>も、
「そ、そうかなあ。」
 などと喜んでいる光景を想像すると、
「俺たち、庶民でよかったなあ。」
 という気持ちになる。

 庶民、バンザイ~!


 詐欺の手口が公開されてからの詐欺師たちの行動を見れば、
 皆さんも、
 少しずつ、真実が想像できてきたことだろう。
 あの「篠崎・進士法律事務所」や進士肇の現在のネット光景が、
 彼らの本性を教えてくれているのだ。


 「篠崎・進士法律事務所」の所属弁護士として、ネットに顔写真付きの事務所案内を出しているやつらの経歴を見てごらん。

 弁護士世界では傍流の大学を出て、やっとこさ弁護士資格を取ったような二束三文の弁護士を集め、
 だけども、東京弁護士会においては、そいつらも貴重な一票だから、
 そうした数を増やしておくと、
 娘婿進士肇の会長選には、まとまった大量票になる。

 見え見えの光景だな。
 枯れ木も山の賑わいとは、よく言ったものだ。


 東京弁護士会。

 頼むから、
 少しは、「弁護士の良識」を、僕たちに見せてくれよな。





「世川行介、『港区詐欺集団』との戦い  その真相」だってさ。

2017年07月25日 



 さっき、面白いものを見た。

 僕の「~放浪日記」に、
 Segawakousuke1というのがアクセスしてきていて、
「何だ?」
 と思って、追ったら、


     世川行介、『港区詐欺集団』との戦い
     その真相


 というタイトルのブログが出て来た。


    性別
    男性

    都道府県
    アジア

    自己紹介
    中国在住、日本にもしょちゅう。
    彦根も愛し、中国も大好き。
    世川公介先生の放浪日記を買い感銘。
    自由の中にもしっかりした思想があり、
    人生の大波小波も自ら体験されている。
    私も中国で大波に会うも、人生を謳歌


 というブログだ。

「また始まったぞ。」
 笑った僕だった。


 皆さん。
 これが何かわかるか?
 「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」に続く、
 ネット錯乱戦術だよ。

 まだ、何の記事も書かれていないけど、
 そのうち始まるから、
 皆さん。覗きに行ってごらん。

 これで、
 ネットの『詐欺集団』の面々の項に、ここからの記事が敷き詰められ、
 見物人には、どれがどれやらわからなくなる。
 という、
 毎度毎度の手だ。


 よくこんな手ばっかり考えつくよね。

 笑ってやってくださいな。





もうすぐ、8月の対青山俊夫裁判が開かれる。

2017年07月24日 



 東京弁護士会が、
 どこかの弁護士を除名処分した、とニュースが報じていた。
 やればできるじゃないか。


 これだけ証拠を出したのだから、
 「篠崎・進士法律事務所」の方も査問にかけて欲しいものだが、
 まあ、篠崎一派は会内に影響力があるから、
 それは無理か。


 読者諸氏。

 次の見ものは、
 先日も書いた通り、
 僕の8月の裁判だ。


 僕の読みでは、
 今は「篠崎・進士法律事務所」に属していないらしい、
 浅野響とかいう、
 早稲田の教育学部出の弁護士を前に出してくると思う。

 詐欺の共犯者である石黒一利弁護士が前面に出てきてしゃべったら、
 とても面白いと思うのだがね。


 まあ、
 これだけ手口がネット世界にバレた後に、
 あの詐欺集団の司令塔「篠崎・進士法律事務所」がどう出てきて、
 どんな言い訳答弁をしてくるか、
 今から楽しみだ。





篠崎・進士法律事務所

2017年07月24日 


 「篠崎・進士法律事務所」」をネットで検索すると、
 面白いみたいに、
 所属弁護士の紹介が為されている。
 数もすごい。

 僕の文章を全部排除して、
 弁護士会で、篠崎芳明の息のかかった弁護士を勢ぞろいさせている。


 こうして見ると、
 進士肇という篠崎芳明の娘婿が、東京弁護士会の会長の座を狙って活動しているという噂も、
 よく納得できる。

 篠崎芳明弁護士は、
 娘婿可愛さに、
 自分の人脈を全部提供する気で、
 進士肇を自分の事務所に招いたのだろう。
 華麗な派閥の後継者で結構なことだな。


 しかし、
 いくら華麗な派閥とはいっても、
 庶民を泣かせて平然としている「詐欺集団の司令塔」なんかをやっちゃいかんよ。


 僕たちがいくら糾弾しても、
 カネをかけたネット情報操作と、
 弁護士会での派閥力や、警察への影響力で、
 表面的には無傷で終わるかもしれないが、
 「ネット世論の良識」は、
 青山俊夫という詐欺師と組んだお前さんたちの詐欺司令塔としての存在を、
 決して忘れることはないだろう。





世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR