自称青山俊夫、なんか。みじめったらしいことばっかりやってるなあ。

2017年07月11日 
  


 夕方、人さまから電話があって、
「ナイルスコミュニケーションズが、
 求人広告の住所に、「全菓連ビル2F」を入れましたよ。
 世川さんに書かれて、慌てて書き込んだみたいです。」
 とのこと。


 なんだ。あいつら、しっかり僕の日記を読んでるじゃないか。
 たまには感想文でも送って来いよ。

 ネ?


 僕は10日ほど前から、
 自称青山俊夫の「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」というやつが、
 いかに情けなく思えて、
「あんな無様な真似までしなくてはいけなくなったのだなあ。
 哀れだなあ。」
 それを思ってきた。

 あれだけは、本当に、ただのチンピラ詐欺師のやる無残だったが、
 そこまでやらねばならなくなっているのかもしれない。
 嘘ばっかりついて生きている人間も、それはそれなりに大変なのだろう。


 ここに書くべきことはたくさんあるので、
 目下、順番を考えている。
 明日は、クラリオン株188000株について、丁寧に書こう。
 読んでやってくれ。







スポンサーサイト

ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子。逃げるなよ。

2017年07月11日 




 この日記が、
 スタートからわずか三日にもかかわらず、
 初日が44万番。
 二日目が2184番。
 三日目の昨日は507番。
 そんな順位の変化を見せていて、
 大勢の方が読んでくださっているのが、
 書き手の僕にもよくわかった。


 皆さんのご期待を裏切らない「戦いの記録」にするつもりでいる。


 それにしても、

 社長の名も確認せずに、
 応募する人には重要な情報を、虚偽記載のまま「求人広告」に掲載するDODAとかって会社は、何なのだろう?
 ここも、「お金になるなら何でもいいや。」の類の会社なのだろうか?

 だけど、求人広告を出している会社の社長名だぜ。
「社長は<幽霊>です。」
 ってか?


 明日あたり書くが、
 この会社の「社員保証人」というのがあって、
 昨日も、それについての内緒コメントの情報があった。
 それは、ナイルスコミュニケーションズの子会社の登記簿を見れば一目瞭然で、
 その解明も、やろう。


 ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子。


 早く悔い改めろよな。
 改悛しないと、
 今に、
「青山俊夫」と同じく、
 偽名でしか世の中に出られなくなって、
 一生<幽霊>暮らしの身になるぞ。


 これは、忠告だが、
 平然と詐欺をやり続けたお前が、そんな殊勝な女だとは、僕は思わないので、
 どちらかが地獄に行くまで、戦い抜いてやる。

 覚悟してかかって来い。




ナイルスコミュニケーションズ社長の福田智子が、詐欺の実行犯として訴えられているのだよ。

2017年07月11日 




 ネットのDODAなどで、ナイルスコミュニケーションズが、求人広告を出していて、
 僕は、笑って眺めていた。

 この詐欺集団は、
 虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」と組んだ自分たちの詐欺犯罪は完璧だから、
 証拠不十分で、
 絶対に捕まることがないと、
 高をくくって、好き勝手をやっている。


 13日に、ある人物が、某所に事情説明に行くのだが、


 読者諸氏。

 いま、
 「詐欺の実行犯」として各所に訴えられているのは、
 この数日、ネットに得意げに求人広告を出している、


 ナイルスコミュニケーションズ社長の福田智子

 だよ。




 社長が詐欺の実行犯で訴えられている会社が、
 裏側の進行を何も知らず、
 まあ、イケシャーシャーと、美辞麗句を並べた求人広告を出している。
 笑い話もここに極まれり、ってやつだな。





 まず、
 ネット広告に「代表取締役青山俊夫」とあるが、
 あんな表示は、大嘘だ。


 「青山俊夫」なる人物は、この世に実在しない。
 あれは、日本の戸籍制度上は、<幽霊>だ。
 そんな<幽霊>を代表者にしておおやけに社員募集をするのは、
 これは「文書偽造」の犯罪にほかならない。
 広義の意味では、これもまた、「詐欺」だ。


 そして、
 昨年一年間で、
 ナイルスコミュニケーションズという会社は、
 青山敏夫から福田智子に、さらに、福田智子から青山敏夫に、そしてまた福田智子に、と、
 三度にわたる社長交代劇を、内緒で繰り返してきた。
 そして、 
 裏側ではそういう真似をしておきながら、
 ネットでは、ずっと、
 「社長青山俊夫」と虚偽の情報を流し続け、
 それを僕に指摘されると、
 慌ててGOOの管理部に、一部分を隠した証明書(それは可能だ)を出し、
 僕の言い分は虚偽だとして、「公開停止」処分にさせた。
 僕は面倒なので、放っておいた。


 社長の福田智子は、
 「サイト管理者が交代しただけです。」
 などと、どこかで言っていた。
 まことに、
 知らぬ人間に嘘をつくのは簡単だ。


 やばくなると頻繁に内々の社長交代劇をやる会社なので、
 僕などが資料を手にしてから半年ほど経って、
 今も福田智子が社長なのかどうかは、断言できないが、
 少なくとも、
 「青山俊夫」が社長として登記されているはずだけは、
 絶対にない。
 日本国家の法は、
 <幽霊>に会社社長の座に就くことは認めない。


 半年前には、ナイルスコミュニケーションズ「代表取締役社長」であった福田智子が、
 今回、詐欺の実行犯として訴えられている。
 訴えているのは、僕ではない。



 詳細は、その人の某所での13日の事情説明が終わってから解説文を書くが、
 そういことだ。


 以上、簡単な報告でした。










世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR