明日の「~放浪日記」は読んでください。

2017年08月01日 


 先日書いた僕への2枚証文詐欺の一件や、
 今日書いた、「堤重役」の話から、
 皆さんは、
 もう、
 ネットに「WEB-NILE」とか「ナイル・ナイル」の広告を出している、
 ナイルスコミュニケーションズという会社の現社長である福田智子、
 あの女の詐欺の手法が、だいたい理解できたことと思う。

 あれがあの女の実像だ。


 ああいった詐欺を平気でやる女が社長を務めている会社が、
「富裕層のために。」
 などと、ネットでシャーシャーと言っている光景は、
 戯画というよりも、犯罪的光景のように、
 僕には思える。


 しかも、
 あの女の詐欺を、
 石黒一利という小間使い弁護士に指令を出して支援推進している「篠崎・進士法律事務所」の進士肇という弁護士、
 この弁護士事務所は、いったい、どんな弁護士事務所なんだ?
 ヤクザが、「XX興業」と名乗って、合法的フロント企業として存在するのと、
 どこがどれだけ違うのだ?

 こういう弁護士事務所の存在を、
 僕たちは許してはいけない。 
 彼らが改心するか、弁護士家業から足を洗うか、
 そのどちらかの姿を見せるまでは、
 無辜な国民がこれ以上彼らに騙されないために、
 徹底的に戦わねばならない。
 戦って、
 この詐欺師や弁護士たちに、
 「庶民の良識」の怖ろしさを思い知らさなければならない。

 僕はそう思っている。


 明日は、「~放浪日記」に、
 あいつらが主張した、1000万円の株の売買益について、
 証拠写真付きで説明するので、
 皆さんも、読んでやってください。






スポンサーサイト

詐欺師ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子の名言。

2017年08月01日 



 「堤重役」が一昨日、こんな電話をして来た。

「世川さん。
 あの450万円の貯金引き出しの時、
 私は福田智子と一緒に青山通りの郵便局に入って、
 お金を下して、
 福田智子にお金を渡す時、
 「受け取りを下さい。」
 って言ったんですよ。
 そしたら、福田智子が、
 「堤さん。
  青山社長と世川さんの間で、受け取りなんかは必要ないですよ。
  受け取りなんか書かなくても大丈夫です。」
 そう言って、受け取りをくれなかったんです。」


 これには笑った。

 確かに、
 後日詐欺をしようとする「青山社長と世川さんの間」なのだから、
 「受け取りなんか」は、いらない、というよりも、
 あったら困るわな。


 ある人が、
「堤重役さん。うまくやられましたね。」 
 同情していた。


 二枚証文の時といい、この500万円詐欺といい、
 ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子の詐欺っぷりは、洗練された一級品だな。
 どの詐欺もセリフが決まっている。
 「自称青山俊夫」の指導が優れていたのだろう。


 しかし、
 こういう詐欺被害者は、「堤重役」までにしてほしいものだ。 
 ネットで社長名を隠して会社広告を出し、
 寄って来る顧客にそれをやられちゃ、
 いくら、最終的には顧客に責任があるとは言っても、
 ちょっと可哀想だ。





世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR