「自称青山俊夫」も包山春吉も、嘘をつくのは大変だな。

2017年08月10日 
 


 一昨日だかにおこなわれた包山春吉の裁判の記録と、
 7月6日付の自称青山俊夫ことナイルスコミュニケーションズオーナー青山敏夫の準備書面を読んだが、
 皆、嘘をつくのに一生懸命で、ご苦労なことだな。


 もう、皆さんもご理解いただけただろうが、
 僕の方は、つかなくちゃいけない嘘が100%ない。
 あいつらの必死の言い訳を、笑って読ませてもらっているだけだ。

 天知る。地知る。己(おのれ)知る。

 「知ってる己」は汗だくで大変だな。


「何を言ってんだ。世川。
 これくらいの嘘で苦労しているようじゃ、一流の詐欺師にはなれない。
 俺を見損なうな。」

 ごもっともです。詐欺師青山敏夫さま。
 ってか?


 僕は、
 あいつらが「堤重役」にやった500万円詐欺で、
 皆さんが、一人でも多く、あいつらの正体をわかってくれたらそれでいい。
 詐欺師の取締役二人で経営するナイルスコミュニケーションズの発行する「ナイルスナイル」やWEB-NILEに、
 皆さんが疑問を抱いてくれれば、それでいい。


 そして、
 今なお、あの二人と手を組んで詐欺を手助けしている港区虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」の進士肇弁護士の弁護士姿勢を、
 ネット利用者の多くが、「良識」に照らし合わせて、疑問に思ってくれれば、
 それでいい。

 浅野響だとか石黒一利だとか、
 一生うだつの上がりそうにない、弁護士になるのがやれやっとの小間使い弁護士を使っての詐欺ほう助、
 皆さんが、その行為に疑問を抱いて、
 自分が弁護士を利用する際の参考にしてもらえれば、
 それでいい。


 僕の戦いは、そんな戦いだ。





スポンサーサイト

ナイルスコミュニケーションズオーナー青山敏夫の準備書面を読んだ。

2017年08月10日 
   
 

 8月中に青山敏夫との裁判があるみたいなので、
 事細かくは書かないが、

 7月6日付の詐欺師「自称青山俊夫」ことナイルスコミュニケーションズオーナー青山敏夫からの準備書面を読んでいたら、
 虎ノ門「篠崎・進士法律事務所」の息のかかった浅野響と石黒一利、
 こいつらは、
 詐欺の片棒は担ぐくせに、
 株式のことなんか、これまでまったく勉強してこなかったやつらだな。
 阿呆なことばっかり書いていた。
 まあ、判事も株式訴訟の経験が少ない人みたいなので、
 これでも法廷では一丁前の意見として通るのだろう。


 しかし、僕の戦場は、
 このネットなので、
 「ネット世論の良識」が納得してくれればいい。
 青山俊夫、福田智子、「篠崎・進士法律事務所」の港区詐欺集団の詐欺実態を世に知らしめ、
 詐欺被害を減らすための戦いをしている。

 後日、
 また、丁寧に、あいつらの言い分をここに書いてあげよう。
 知識はないのに、詐欺心だけは旺盛な「港区詐欺集団」。
 結構笑えるぞ。


 それよりも、


 あいつら、
 張り切って仮差押えをしたくせに、
 あの「堤重役500万円詐欺事件」のことには一切触れていないよ。 
 仮差押えした根拠の説明もなしだ。

 さすがに、
 これだけ皆さんから注目されたら、
 いい加減なことは書けないのだろう。
 次の裁判でどんなことを言って来るのか楽しみだ。


 次回、こいつらが500万円について主張してくる言葉は、
 洩らさず、ここに掲載する。
 詐欺集団が、法廷で、どんな言い逃れの言辞を弄するか、
 皆さんの眼で確かめてくれ。





世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR