自称青山俊夫は、元首相ファミリーまでペテンにかけようとした詐欺師だ。

2017年09月29日 


 おとなしくしておくのも、結構大変だったが、
 やっと9月も終わる。


 10月3日までに、
 詐欺師弁護士浅野響が「準備書面」を送って来ることになっている。
 あと5日ほどだ。


 さぞかし立派な準備書面が届くことであろう。
 と期待しているが、
 響総合法律事務所の経営者が、篠崎・進士法律事務所のFAXを使って送って来るこの奇妙。
 バレバレだな。


 なんて書くと、
 次は、響総合法律事務所のファックスで来るかな。


 待ちくたびれたかもしれませんが、
 まあ、皆さん。
 ここから佳境に入るから、
 10月を楽しみにして、
 いま少し我慢してくださいな。


 この間、「放浪日記」にも少し書いたが、
 この自称青山俊夫という男は、
 元首相ファミリーまでペテンにかけようとした、
 とんでもないろくでなしの詐欺師だ。

 元首相という「富裕層」をペテンにかけながら、
「富裕層のために。」
 などとうそぶいて、
 WEB-NILEやナイルスナイルといった「富裕層向け」雑誌を刊行して、
 平気な顔をしている。
 こんなペテン師を糾弾するのに、何の遠慮もいらない。

 ということで、
 10月から、また、トコトンの戦いをするので、
 乞うご期待。




スポンサーサイト

世川行介、歌謡詞リメイク教室 その9

2017年09月23日 


 本日の課題曲は。
 山上路夫先生のあの名曲、「二人でお酒を」。
 胡坐をかいて開き直った梓みちよさんの姿が良かったですね。
 わたくしの希望としては、
 あの開き直り熱唱を、
 ぜひ、
 ナイルスコミュニケーションズ社長の福田智子さんにやっていただきたい。
 切に希望してやみません。


「あの~。
 私でよかったら、
 ぜひやらせてください。」


 なんだ、なんだ。
 福田智子さん。そこにいらしていたんですか。
 そうですよねえ。
 いまや、福田智子なくして、世川行介歌謡詞リメイク教室なし。
 それくらいの存在感を響かせている、この教室のアイドルですものね。


 では、
 福田智子さんに、今日も熱唱していただきましょう。
 富裕層の歌姫、福田智子さん。
 今日の課題曲は、
 『二人でお詐欺を』!
 さあ、どうぞ~!


 元歌1番

    うらみっこなしで別れましょうね
    さらりと水にすべて流して
    心配しないで一人っきりは
    子供のころから慣れているのよ
    それでもたまに淋しくなったら
    二人でお酒を 飲みましょうね
    呑みましょうね


   リメイク1番

     ナイルス・ナイル あきらめましょうね
     進士も浅野も 手を切りましょう
     心配しないで 冷たい世間は
     ここ1年で慣れてきたから
     それでもおカネが乏しくなったら
     二人でお詐欺を やりましょうね
     やりましょうね



 元歌2番

   いたわりあって別れましょうね
   こうなったのもお互いのせい
   あなたと私は似たもの同士
   欠点ばかりが目立つ二人よ
   どちらか急に淋しくなったら
   二人でお酒を 飲みましょうね
   飲みましょうね

   どうにかなるでしょ ここの街の
   どこかで私は生きていくのよ
   それでもたまに淋しくなったら
   二人でお酒を 飲みましょうね
   飲みましょうね


   リメイク2番

     つぶれる前にやめときましょうね
     こうなったのも世川のせいよ
     あなたと私は似た者同士
     大ぼらばかりが目立つ二人よ
     どちらかおカネが乏しくなったら
     も一度お詐欺を やりましょうね
     やりましょうね

 
     どうにかなるでしょ WEB-NILE
     あれなら何とか食べていけるわ
     それでもおカネが乏しくなったら
     やっぱりお詐欺を やりましょうね
     やりましょうね


 おそまつ。



ナイルスコミュニケーションズの440万円詐欺の証拠写真だよ。

2017年09月21日 



 ナイルスコミュニケ―ションズオーナー詐欺師青山俊夫と、
 同社社長、福田智子
 役員二人がかりでの
 の440万円詐欺の証拠写真だ。
 放浪日記には、以前掲載したが、
 ここに改めて掲載しておく。


証拠写真1
2



 この証拠書は、
 僕の通帳からお金を郵貯窓口で下した時の「払い出しの原符」のコピーだ。


 2013年末前後、
 僕のゆうちょの通帳からお金ががおろされた。
 ここに署名しているのは、
 福田智子に指示された「堤重役」だ。、
 総額で、440万円ほどになる、

 これを、
 詐欺師弁護士浅野響は、
「青山は、このお金を受け取っていない。」
 と主張してきた。
 もちろん、
 堤重役は、
「福田智子と一緒に郵便局に行って、
 お金は、下すなり、一緒にいた福田智子に渡した。」
 と主張している。


 これから、
 この詐欺の有無が、僕の裁判では問われるが、
 僕自身が下していないことだけは間違いがないので、
 福田智子が、「私はもらっていない!」と主張し続けたら、
 詐取犯が「堤重役」だと裁判所で認定される可能性が高い。
 そうした場合は、
 440万円の責任は、堤重役に向けられ、
 堤重役は詐取の犯罪者となる。
 毎日ベソベソ泣いてるわけだ。

 しかも、
 この通帳は、いまだにナイルスコミュニケーションズ社長福田智子が保管していて、
 というよりも、今は。港区詐欺集団が管理していて、
 僕に返還されていない。
 もう4年になるよ。


 つまり、
 通帳を持たない僕にはわかりっこないだろう、ということでおこなわれた詐欺だ。
 なんとも、二重三重に仕掛けられた高等詐欺ではないか。
 詐欺師青山俊夫の面目躍如!って感じだな。


 ところが、
 僕は、
「あいつらは、いつか、あの440万円で詐欺をかけてくるぞ。」
 と思っていたので、
 この原符のコピーをゆうちょから取り寄せておいた。
 という訳で、
 やつらの詐欺の実態がすぐにわかったのであった。
 
 これが、
 詐欺集団の高等詐欺だ。
 みなさんも、よく承知し、これからの勉強になさるといい。


 ちなみに、
 この詐欺を法廷で言い張っているのが、
 響総合法律事務所の浅野響というチンピラ弁護士だ。


 読者諸氏。
 詐欺訴訟の際は、ぜひ、浅野響先生を頼ってくださいな。

 ってか?



ナイルスコミュニケーションズの原稿料踏み倒しの証拠主張だ。

2017年09月20日 


 昨日の補足を書くと、
 下の写真が、
 あの港区詐欺集団の本部であるナイルスコミュニケーションズが、
 僕が証拠書類を出すまで、裁判所で主張していた内容だ。

 僕が、深山という女性社員からの、原稿料の話が来たメールを証拠書類として出すなり、
 主張を引っ込めやがった、


I


 見てくれ。
 このシャーシャーとした主張。
 証拠を突きつけられるまでは、
 とにかくお金を払わずに済ませたいという姿勢だ。
 こんな会社が「富裕層のため」とは恐れ入るじゃないか。

 しかも、
 僕が証拠を出したら、
 今度は、
「原稿料の支払いは、A&Rという別会社がやっているので、
 ナイルスコミュニケーションズは関係ない。」
 と主張しはじめ、
 それならばと、
 ナイルスコミュニケーションズとA&Rが、
 二つの会社とも福田智子が社長だという登記簿を出したら、
 やっと黙ったんだぞ。

 その額、たったの5万円。


 これが、ナイルスコミュニケーションズという会社の実態だよ。
 原稿料未払の「ナイルナイル」という「富裕層のための情報誌」の実態だよ。


 僕は、いまだに、その5万円をもらっていない。


 それと、
 このファックスの発信元をよく確認してくれよ。
 「篠崎・進士法律事務所」だ。

 ここが詐欺集団の司令塔。
 ボスは、進士肇


 皆さん。
 記憶しておいてくれ。



 


昨日は、堤重役がオロオロ電話をくれていたぞ。

2017年09月20日 
 

 昨日ここに文章を書いた後、
 東京の堤重役から、何十日ぶりかの電話が来て、
「私が金持ちだなんて書かないでくださいよ。」
 と言う。
「僕が僕の日記に何を書こうと、僕の勝手だ。」
 一蹴しておいた。


 彼は、これまでの詐欺師青山俊夫のやり口を見ていて、 
 たとえ、あれが詐欺であっても、
 証拠のない限りは、
 このままだと、自分のところに、青山俊夫が必ず取立てに来る、と確信していて、
 それは、僕も、そうだろうと思っているが、
 440万円をやくざでも使って取り立てに来るんじゃないかと、
 それが怖くての電話だ。


 まあ、情けない男だ。
 それが嫌なら、腹を決めて、トコトン戦えばいいだろうに、
 いまだに、グチグチ泣くばっかりで、躰を動かそうとしない。
 猪上一生という男もそうだったが、
 自分の嫌なことでは、ホント、怠け者ものばっかりで、
 最後のツケだけ、僕のところに持ってくる。
 なんでも全部、僕が片づけてくれると、思い込んでいるらしい。


 先日も、或る人が、
「なんで世川さんは、あんな人ばっかり可愛がったんですか?
 それがどうしても不思議で。」
 と、笑顔で嫌味を言っていた。
「ハハハ。まあ、そう言うな。」
僕も笑って誤魔化したけどね。


 証拠写真が掲載できるようになったお陰で、
 ここの読者数も増えて来た。

 今日もまた、
 証拠写真入りで、
 詐欺師青山俊夫と女詐欺師福田智子、
 それに、無学の塊みたいな浅野響弁護士と、それを指揮している進士肇、
 かれら「港区詐欺集団」の全貌を、
 僕が証明してあげるので、
 気にかけて読みに来てくれ。




世川行介、歌謡詞リメイク教室 その8

2017年09月19日 



 仕事が一段落ついて休憩タイムに入った世川行介君。
 今日もまたやってみますか。


 松田寛夫作詞の童謡に、
  『さっちゃん』という作品があります。 
 元歌は、以下の通りです。


   1
    さっちゃんはね 幸子っていうんだ
    ホントはね
    だけど小っちゃいから 
    自分のこと さっちゃんって呼ぶんだよ
    おかしいな さっちゃん


 まあ、あまりにも人口に膾炙した童謡なので、
 2番3番は、わざわざ書かなくてもよろしいでしょう。。


 で、
 世川行介君、またまた行きます。歌謡詞リメイク教室。
 教室を開いてから、今日で、もう8回目。
 だんだんテンポが速くなってきてますね。


 本日は、
 あの「港区詐欺集団」の総帥にして、
 港区骨董通り、全菓子連ビル2階に詐欺集団の本部を構える、
「富裕層」のための「ナイルス・ナイル」グループのオーナー、
 自称青山俊夫、
 しかし、本名青山敏夫君、
 彼のためのリメイクで~す。
 うたってやってくださいな。


   1
     俊ちゃんはね 敏夫っていうんだ
     ホントはね
     だけど詐欺師だから 
     自分の名前 俊夫って書くんだよ
     賢いね 俊ちゃん


   2
     俊ちゃんはね お金が大好き
     ホントだよ
     だから騙してでも
     人のお金 盗ったりするんだよ
     悪いよね 俊ちゃん


   3
     智子がネ
     下北に帰るって ホントかな
     きっと下北でも 
     人のお金 盗ったりするだろな
     心配だ 智子


 今さら注釈を施すまでもなく、
 「智子」というのは、
 詐欺師青山俊夫君の手放せない相棒として、
 青山詐欺の実行犯を演じてきた、
 下北半島が生んだ「平成の女詐欺師」にして、
 ナイルスコミュニケーションズ社長である、
 あの福田智子さんのことでありま~す。


 そして、
 みなさま、すでに御察しがついておられるとは思いますが、
 本日、東京で、この歌を熱唱しているのは、
 440万円詐欺に引っかかった、あの頓馬天狗の堤重役で~す。
 彼は感情移入の強い男で、
 これをうたいながら、何故か、涙を流したりしますが、
 これは、本来、ほのぼとした童謡。
 涙ながらにうたうような歌ではありません。
 陽気に、優しく、
 そして愛情を籠めて。


 などと言っても、
 今の堤重役の心境じゃ、それは無理か。
 仕方がない。
 泣きながらうたってろ。


 ということで。また次回~!



詐欺師青山俊夫の複数ブログを眺めて。

2017年09月19日 



 少しここの日記を整理しようと思って、「リンク」の項を見たが、
 詐欺師青山俊夫の恥も外聞もない複数ブログの多さに、
 チンケな詐欺師の正体を見た気がして、
 苦笑いした。


 「ナイルス 青山俊夫 放浪日記」が笑わせる。
 これでも必死のカムフラージュをしたつもりなんだろうな。
 詐欺師ってのも、人の知らない努力が必要なんだと知ったよ。

 それにしても、
 男、70歳も越して、
 こんな恥ずかしい真似をしなくてはいけないものかね。


 こんなチンケな男が、一丁前の大ぼらを吹いて、
 それに引っかかって、自分が本物の富裕層になったような気になる人間もいるということが、
 僕には不思議でならない。
 平成日本の奇妙だな。

 何が、「富裕層のための情報誌ナイルスナイル」だ。
 NIKKOとかいう田舎の会社はそれで騙されて、
 ネットで自慢なんかしているが、
 正体を知ったら、
 アッと驚く為五郎!だな。

 うん?

 わかってるよ、ギャグが古すぎるのは。


 しかし、
 雑誌の原稿料は払わないわ。
 社長職は暇さえあれば、福田智子と「青山敏夫」での交代をするわ。
 別会社はいくつもこさえて、人に金を払わないシステムを作るわ。
 取締役二人で、人の通帳を分捕って440万もの詐欺はやるわ。
 株式の損益計算は、丸で出来ないわ。
 この「ナイルスナイル」グループってのは、いったい、何なんだ?
 こんな薄汚い詐欺師たちに詐欺を仕掛けられたかと思うと、
 ムッとするね。


 こいつら、
 そのうちに、
 堤重役に、盗んだ440万円を返せ!ってやるのだろうが、
 堤重役と福田智子の戦い、
 それもまた見ものだ。
 甘ったれを生きて来た堤重役が、どこまで男の戦いをやるのか、 
 注視しているところだ。


 まあ、
 堤重役は金持ちだから、
 いよいよになったら、440万円くらいメじゃないのかもしれないが、
 こちとら、そういう訳にはいかないので、
 トコトンの戦いをさせてもらおう。


 ここに証拠写真掲載ができるようになったので、
 しっかり証拠写真を紹介する。、
 どうか、一人でも多くの国民に拡散してやってくれ。


 何が悲しくて、
 こんな詐欺師連中に気後れしなくちゃならないんだ。
 世川行介、男でござる。

 なんてね。




写真付き解説第一弾だ。

2017年09月19日 
 


 写真掲載ができるようになったので、
 証拠写真付きでナイルスコミュニケーションズの原稿料未払いについて書くと、
 この詐欺師たちは、
 僕の原稿料を4年近くも未払いのままにしておいて、
 僕から、
「原稿料に未払い分を払え!」
 と訴訟を起こされたのが、

 それについて、
 あいつら、
 最初は、
「原稿を依頼した覚えはない。」
 と否認していたが、
 僕が証拠書類を出したら、途端に言い訳ができなくなって、
「あれはA&R」という別会社がやっていて、
 ナイルスコミュニケーションズとは関係ない。」
 と言い出した。

 それで、今度は、
 その「A&R」という「会社の登記簿を出してやたった。
 以下がその写真だ。


bbc73dfe84f235307f8a94138b091c5e.jpg


 見てやってくれ。
 社長は、ナイルスコミュニケーションズの社長と同じ、福田智子だよ。
 一人で二つの会社の社長をして、
 誰にもバレていないと思って、
「支払いは向こうの会社ですから、こっちに責任はありません。
 と、不払いをやるんだぜ。
 これが、ナイルスコミュニケーションズの「原稿料未払」のシステムだ。


 こんな詐欺みたいな真似をやって、
「私たちは富裕層の味方です!」
 などと言っているんだから、めでたい話だ。
 石川県の方のNNIKKOなんて田舎会社は、これでも騙されるんだろうな。

「当社の商品が、ナイルスナイルに紹介されました!」
 ってか?


 しかも、この会社、
 所在地が、片岡千恵っていうかつての社長の自宅なんだぜ。
 たいした会社で、まったく、笑っちゃうよ。

 しかも、
 この手のことをみんな指導しているのが、
 東京港区虎ノ門にある「篠崎・進士法律事務所」であり、
 その司令塔が、背徳弁護士の進士肇であることを、
 皆んさんは忘れないでくれ。

 まあ、今日は第一弾なので、
 軽くジャブだ。
 明日からをお楽しみに。




やっと写真掲載ができるようになった。これはテスト。

2017年09月18日 
 


 やっと、ここの日記で写真掲載ができるようになった。
 これからは証拠写真付きでやるから、
 乞うご期待。




fc2blog_20170918033013d6e.jpg

世川行介、歌謡詞リメイク教室 その7

2017年09月16日 
 


 もう、世川行介先生が、すっかりやる気になったこの歌謡詞リメイク教室ですが、
 本日は、あの安井かずみ先生の初期の傑作、
 『若いって素晴らしい』
 あの名曲に挑んでみましょう。


 うたうのは、もちろん、
 この教室の専属歌手となった感のある、
 ナイルスコミュニケーションズ社長の福田智子さんで~す。
 すっかり人気者になった彼女、
 最近はすこぶる多忙で、
 この間は、「社長秘書求む」の求人広告などを出しました。
 詐欺で稼いだお金で雇われた秘書、
 どんな気持ちなのでしょうね?
 年収440万円だったりしてね。


 えっ?
 そこで泣き出したりしないでくださいよ。堤重役さん。
 ホント、泣くばっかりで、だらしないんだから。

 
 では、元歌の紹介です。
 今はジジババになった方々が、遠い昔に、自分のこととして口ずさんだ歌ですよ。
 そうです。
 時の流れは速いのです。
 戻ってこない懐かしのあの日々。


    あなたに笑いかけたら
    そよ風が返ってくる
    だから一人でもさみしくない
    若いってすばらしい

    あなたに声をかけたら
    歌声が聴こえてくる
    だから涙さえすぐに乾く
    若いってすばらしい

     夢は両手にいっぱい 恋もしたいの
     優しい気持ちになるの
     ああ 誰かが私を呼んでいる


    あなたかいつか言っていた
    誰にでも明日がある
    だからあの青い空を見るの
    若いってすばらしい


 さあ、この名曲を、
 世川行介先生は、どう料理するのでしょう。


「世川行介です。
 僕としましては、
 この歌は、やはり、女詐欺師福田智子さんの、
 師匠青山俊夫に対する愛情の歌とするのが一番よいではないか、
 と、まあ、かように思うわけでして、
 タイトルは、ずばり、
 『詐欺師ってすばらしい』
 こうしたいわけです。
 そんな気持ちで書き直しました。」


 今日は、珍しく、世川行介先生から、解説がつきましたね。
 自信作なのかな?
 では、どんなリメイク作品が出来上がったのか、
 聴いてみましょう。
 福田智子さん。ご登場くださ~い!


    カッペに笑いかけたら
    札束が返ってきた
    だから警察は 怖くもない
    詐欺師ってすばらしい

    ナイルスと口にしたなら
    富裕層 お金を出すわ
    だから恐怖心すぐに消える
    詐欺師ってすばらしい

     ネタは両手にいっぱい 
     もっとしたいわ 
     セレブな気持ちになれる
     ああ カモが私を呼んでいる
 
    あなたがいつも言ってた
    だれにでも素質がある
    だからあの青い山を見るの
    詐欺師ってすばらしい 

    詐欺師ってすばらしい 
    俊夫ってすばらしい 
    あなたってすばらしい




世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR