FC2ブログ

太田出版殿。 『債権者会議』を刷ってくださいな。

2017年07月03日 
 




 僕は、

 開かれたネット世界で、
 法には疎いかもしれないが良識ある大勢のネット利用者が、
「詐欺ってこんな風にしてやるのか。
 詐欺師と弁護士が手を結んだら、こんなことまでやれるんだなあ。」
 という現実を納得してもらうことを一番の目的として、この戦いを戦っている。
 自分独りだけのお金のことを思うなら、
 もっと違う戦いをやっている。

 多くの方に、
 僕の文章や僕が出していく証拠書から、
 いま現在、平成日本を闊歩している知的詐欺集団の実態を、
 つぶさに読み取ってほしい。


『債権者会議』を書いた山口昭さんは、
 書を読んだ限りでは、
 荒くれ者の僕とは全く違う性格で、
 たくさんの善意と少しの欲を持った、ごく普通の社会人だった。
 それが、法スレスレの口車に乗せられ、
 何億円ものお金を失い、家庭も悲惨な状態に落とされた。



 第二第三の山口昭さんを誕生させてはいけない、
 と僕は思う。

 「債権者会議」という本は、
 今は絶版になっているそうだが、
 あの本を出した太田出版という出版社には、
 是非、
 彼の「債権者会議」の復刻版を刊行してもらって、
 多くの国民に、彼の悲惨と、彼を悲惨に陥れた者の実態と手口を知ってもらいたい、
 山口昭さんの無念を感じ取ってほしい。
 そう切望してやまない。


 ネット検索をなさった方は、よくおわかりのことと思うが、
 「篠崎・進士法事務所」、「青山俊夫」、「WEB-NILE」…、
  「港区詐欺集団」のメンバーたちの、
 ああやって、ヤバい情報はひた隠しに隠す姿勢こそは、
 ネット社会を愛する僕たちが、
 僕たち自らの力によって、打破しなければならない。


 次の時代を担う若い世代のためにも、
 僕たちは、
 「大衆の新しい表現の場」であるネット世界を、
 美しい形で残す努力をすべきなのではないだろうか。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR