FC2ブログ

詐欺集団の司令塔「篠崎・進士法律事務所」を許すな!

2017年07月15日 
  


 

 姑息な真似ばっかりする名古屋市の山谷彰宏というチンピラ弁護士と戦っている時に、

 愛知県弁護士会の副会長から聞いた話では、

 弁護士会には「なんとか委員会」というのがあって、

 そこで、

 「弁護士会の信用を著しく損ねる行為をした弁護士は処分される。」

 ということを知った。

 

 

 しかし、

 愛知県弁護士会だけかもしれないが、

 弁護士会というのは、
 表ではきれいなことを言っているが、
 これもまた極めて保守的で身内びいきに団体であることを、

 その時知った。

「こいつらの組織には自浄意識や自浄能力はないな。」

 それが僕の得た印象だった。

 

 

 しかし、

 そういう委員会があることだけは、事実らしい。

 

 

 皆さん。

 ネットで「篠崎・進士法律事務所」の項を見てくれ。

 

 

 詐欺集団の作戦本部として、法を悪用して好き勝手をやったくせに、

 それがバレた今は、

 必死で、ネット情報操作をやっている。

 「期限なし」のところでは、

 僕の書いた文章は全文排除だ。

 

 そして、笑わせるのは、

 「ツール」をクリックして、「1週間以内」を見ると、

 



     
小川幸三弁護士 篠崎・進士法律事務所に法律相談

   

     篠崎 芳明弁護士 篠崎・進士法律事務所に法律相談

 

      石黒 一利弁護士 篠崎・進士法律事務所に法律相談

 

     杉山 一郎弁護士 篠崎・進士法律事務所に法律相談

 

 

 こんなのが上の方に4つも敷き詰められている。
 なんてことはない。

 僕の文章を最初に来させないためだ。

 

 

 人を殺すことには何のためらいもないくせに、

 自分たちの身が危うくなると、

 法律家のプライドも何も棄てて、

 保身に走る。

 

 チンケな詐欺師たちのやることは、

 こんなに恥知らずの行為ばっかりだ。

 

 

 東京都弁護士会殿。

 

 頼むから、こんな男に、会長職なんか与えるなよ。

 まあ、それくらいの良識はあるだろうな。

 

 

 

 今回の500万円二重取り詐欺は、

 僕の友人「堤重役」を詐取犯に仕立て上げよとした一点において、

 人でなしの犯罪的行為である。

 

 

 それを書面に書いて裁判所に提出した石黒一利弁護士、

 そして、それを法律事務所管理者として指揮した進士肇は、

 絶対に許してはならない。

 こんな弁護士が日本社会に存在することは、

 国民には、百害あって一利なしだ。

 

 

 僕は、「ネット世論の良識」にかけて、

 この「篠崎・進士法律事務所」を法曹界から追放する姿勢を持続する。

 あいつらがネットの情報削除を繰り返すなら、

 その倍の文章を書き続け、

 ネット利用者に訴え、

 いつか、必ず、

 やつらの「ネット情報操作」の壁を突き破ろうではないか。

 

 

 この間も書いたが、

 「ネット世論の良識」は、方向性さえ間違わなければ、

 「第五の力」と育っていくはずだ。

 今は過渡期だが、大切に育てれば、いつかそうなる。

 僕のこのネット上での戦いも、そうした方向性模索の戦いだ。

 

 

 危うく、「堤重役」は、やつらの姦計にはまって、犯罪者にさせられるところだった。

 

 こんなゲスたちの法律事務所を許してはならない。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR