もうすぐ、8月の対青山俊夫裁判が開かれる。

2017年07月24日 



 東京弁護士会が、
 どこかの弁護士を除名処分した、とニュースが報じていた。
 やればできるじゃないか。


 これだけ証拠を出したのだから、
 「篠崎・進士法律事務所」の方も査問にかけて欲しいものだが、
 まあ、篠崎一派は会内に影響力があるから、
 それは無理か。


 読者諸氏。

 次の見ものは、
 先日も書いた通り、
 僕の8月の裁判だ。


 僕の読みでは、
 今は「篠崎・進士法律事務所」に属していないらしい、
 浅野響とかいう、
 早稲田の教育学部出の弁護士を前に出してくると思う。

 詐欺の共犯者である石黒一利弁護士が前面に出てきてしゃべったら、
 とても面白いと思うのだがね。


 まあ、
 これだけ手口がネット世界にバレた後に、
 あの詐欺集団の司令塔「篠崎・進士法律事務所」がどう出てきて、
 どんな言い訳答弁をしてくるか、
 今から楽しみだ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どしてかな?みなさん検索してみましょう。

『篠崎・進士法律事務所』で検索し、HPの所属弁護士紹介では浅野響の名前は出てきません。『篠崎・進士法律事務所 浅野響』では出てきました。いったいどういうことなのでしょうか?
世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR