詐欺師ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子の名言。

2017年08月01日 



 「堤重役」が一昨日、こんな電話をして来た。

「世川さん。
 あの450万円の貯金引き出しの時、
 私は福田智子と一緒に青山通りの郵便局に入って、
 お金を下して、
 福田智子にお金を渡す時、
 「受け取りを下さい。」
 って言ったんですよ。
 そしたら、福田智子が、
 「堤さん。
  青山社長と世川さんの間で、受け取りなんかは必要ないですよ。
  受け取りなんか書かなくても大丈夫です。」
 そう言って、受け取りをくれなかったんです。」


 これには笑った。

 確かに、
 後日詐欺をしようとする「青山社長と世川さんの間」なのだから、
 「受け取りなんか」は、いらない、というよりも、
 あったら困るわな。


 ある人が、
「堤重役さん。うまくやられましたね。」 
 同情していた。


 二枚証文の時といい、この500万円詐欺といい、
 ナイルスコミュニケーションズ社長福田智子の詐欺っぷりは、洗練された一級品だな。
 どの詐欺もセリフが決まっている。
 「自称青山俊夫」の指導が優れていたのだろう。


 しかし、
 こういう詐欺被害者は、「堤重役」までにしてほしいものだ。 
 ネットで社長名を隠して会社広告を出し、
 寄って来る顧客にそれをやられちゃ、
 いくら、最終的には顧客に責任があるとは言っても、
 ちょっと可哀想だ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR