FC2ブログ

「港区詐欺集団」司令塔の進士肇という弁護士は、何なのだろう?

2017年08月25日 
  


 週末になった。
 来週早々に、僕の対青山俊夫の裁判がおこなわれる。
 それが済んだら、
 「放浪日記」の日記にも、ここにも、
 詐欺集団の司令塔である「篠崎・進士法律事務所」の息のかかった弁護士の陳述内容を、
 詳細に掲載する。
 しっかり読んで、あの詐欺師集団の本性を確認して、
 無辜のネット利用者が同じような詐欺被害の犠牲者にならないよう、
 一人でも多くの人に拡散してほしい。


 「放浪日記」に、証拠写真付きで解説しているが、
 浅野響といい、
 石黒一利といい、
 まるで証券知識を持たない不勉強者弁護士ばっかりで、
 証券を少し齧った人間なら、
「阿呆じゃないのか?」
 とあきれるような損益計算を根拠に、仮差押えを申し立てている。


 それに対しては、あの二人の弁護士の馬鹿さ加減を裁判で明らかにするが、
 不思議でならないのは、
 こんな阿呆としか思えないような不勉強者弁護士を数集めて、
 東京虎ノ門に法律事務所を構えて、
 それが一流法律事務所の証明かのような事務所宣伝をネットに出している、
 進士肇というボス弁護士の狙いだ。


 進士肇。
 東大法学部卒。
 この詐欺集団のボスは、いったい何を考えていたのだろう?
 本気で、弁護士と詐欺師が組んだ詐欺集団を創る気だったのだろうか?
 僕には、この男の考えが、いま一つ理解できない。


 「堤重役」への450万円詐欺などは、
 明らかに、意識的な詐欺で、
 確信犯だが、
 それを小間使い弁護士たちに指示するボス進士肇の腹の内が、
 僕にはどうもわからない。
 物書きとしても、非常に興味がある。
 この男を題材に一冊書き上げてみたい気のする今日この頃だ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR