FC2ブログ

世川行介、歌謡詞リメイク教室 その5

2017年09月03日 
  


 昔々、西条八十という天才作詞家がいらっしゃいました。
 「青い山脈」、「東京行進曲」、「旅の夜風」「王将」などの大ヒット曲を書き続けた人です。
 世川行介、
 今日は、その西条八十大先生の戦後の大ヒット曲『芸者ワルツ』のリメイクに挑んでみます。


 まず、元歌。

    1
     あなたのリードで 島田も揺れる
     チークダンスの悩ましさ
     乱れる裾も 恥ずかしうれし
     芸者ワルツは 思い出ワルツ


 このリメイクには、ぜひとも、
 あの、日本橋「響総合法律事務所」を運営する浅野響弁護士先生に登場してもらおうではありませんか。
 勉強なんかしなくても、弁護士の資格さえあれば、詐欺で食っていける。
 それを天下に証明した、
 詐欺師弁護士として目下売り出し中の浅野響先生。
 ご登場くださ~い!


「え~。
 せっかくのご指名ですので、一曲うたわせていただきます。
 『弁護士ワルツ』、
 行きます。」

      1
        私の書面が笑いを誘う
        青山訴訟のなやましさ
        乱れる論旨もはずかし悲し
        詐欺師訴訟は恥かき訴訟


 いやあ。なかなか堂に入ったうたいっぷりでしたね。
 結構。結構。まことに結構。
 では、2番三番の元歌を一挙掲載しましょう。


     2
       空には三日月 お座敷帰り
       恋に重たい舞扇
       逢わなきゃよかった今夜のあなた
       これが苦労の初めでしょうか

     3
       あなたのお顔をみたうれしさに
       呑んだら酔ったわ踊ったわ
       今夜はせめて開放してね
       どうせ一緒にゃなれない身体


では、浅野響先生。続けてどうぞ!

     2
       東京地裁の法廷帰り
       詐欺で重たいこのカバン
       逢わなきゃよかったあの日の俊夫
       あれが苦労の初めでしょうか

     3
       あなたの日記を見たかなしさに
       呑んだら酔ったわ叫んだわ
       今夜は何も書かずにいてね
       どうせ最後にゃ バレ詐欺だもの


 西条八十大先生には及びもつかない拙作ではありましたが、
 西条作品への挑戦ができただけで、
 世川行介。胸にこみあげて来るものがあります。
 それもこれも、詐欺師弁護士浅野響先生のキャラクターがあったればこそ。
 世川行介。
 心よりの御礼を申し上げる次第です。
 浅野響先生。
 ありがとうございました~!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR