さあ、これから、桃太郎の鬼退治だ。

2018年02月10日 



 いよいよ、詐欺師青山俊夫こと本名青山敏夫との裁判が本格化して来た。


 今回、
 世川行介君は、
 民法130条に則って、
 クラリオン株売買の利益だけに限って、
 詐欺師青山敏夫に対して、
 1266万円の「得べかりし利益」を請求した。


 あの詐欺師がやった二枚証文詐欺の275万円とは、
 ちょっと額が違う。


 戦いの推移は、ここにきちんと報告する。
 あいつらのこれからの主張も、ここにきちんと報告する。
 詐欺集団の司令塔である、
 港区虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」主宰の進士肇が、
 どんな詐欺師集団らしい弁論をするか、
 どうか、それを楽しみに眺めてやってくれ。


 詐欺集団のやる詐欺手口の学習になるはずだから、
 皆さん。たんと学習してくれ。



攻守交替!

2018年02月02日 



 二月になった。
 もう間もなく、恒例の詐欺師青山俊夫との裁判があるが、
 この度、
 ついに、

 攻守交替!

 こちらから攻撃を開始した。


 この2カ月くらいは、
 ここには書かないように配慮してきたが、
 今後は、
 詳細について、
 あと4~5日したら、
 ここにも報告を日々掲載する。


 本格化してきた詐欺師退治裁判を、
 どうか、楽しんでくれ。






詐欺師青山俊夫、投げ売りバレた。の巻

2018年02月01日 
  


 自称青山俊夫という詐欺師がいるが、

 この男、
 僕との裁判で、
「クラリオン株は自分独自の投資判断で買った株で、
 世川の指示で買った株ではない。」
 と言い張って、
 188000株買わせたクラリオン株のその後を、ひた隠しに隠してきた。


 しかし、
 裁判が進むにしたがって、
 隠し通すことができなくなり、
 その一部を公表して来て、
 わたくし、それを見たならば、

 ハハハ!
 ハハハ!
 もひとつおまけにハハハのハ!


 詐欺師青「自称山俊夫」、
 こと
 ナイルスコミュニケーションズオーナー青山敏夫。
 自分独自の投資判断で買ったというクラリオン株188000株のうち、
 138000株を、
 まだ値が上がらない100円台のうちに、投げ売りしていたのであった。


「え~。
 わたくし青山俊夫、
 高級雑誌「ナイルスナイル」購読の全国のセレブの皆さま方に、
 一度、「株の投げ売り」というものを見せてさしあげたくて
 167円のクラリオン株を188000株も買って、そのうちの138000株を、
 わずか一か月で投げ売りしてみました。
 いやあ。投げ売りってのは気持ちがいいものですなあ。」
 ってか?


 こんなヘタクソが、
 株式の知識などまるで持たない阿呆なガキ弁護士と組んで証券詐欺をやる。
 盗っ人猛々しいとはこのことだ。





 

歌謡詞リメイク教室 18年第三弾!

2018年01月24日 
   


 皆さま。
 2月が近づいてまいりました。
 2月になったら、
 世川行介先生は、
 詐欺師青山俊夫と、
 株式知識のまるでない阿呆弁護士集団の詐欺弁論を相手に、
 本格的な裁判に挑むとのことであります。


 ここは、
 その裁判を待つ戦士世川行介先生に、
 景気づけの歌謡詞リメイクをぶっ放していただきましょう。


 歌のネタにはことかかぬ「港区詐欺師集団」。

 笑ってやってくださいな。
 ナイルスコミュニケーションズオーナーの詐欺師青山俊夫君は、
 そしてまた、「篠崎・進士法律事務所」のボス進士肇弁護士は、
 自分たちについて世川行介先生が書いた文章が、
 ネットの自分たちの項では検索できないように、
 毎日必死の削除作業~!

 豪雪の東京雪かき作業よりも重労働ですが、
「お金ためなら、エ~ンヤコラ!
 詐欺師は必死だ エ~ンヤコラ!
 読ませてたまるか エ~ンヤコラ!
 あんまり書くなよ エ~ンヤコラ!」
 頑張っております。ナイルス・ナイルグループ。
 頑張っております。篠崎・進士法律事務所。

 
 こうした詐欺師たちの頑張りの姿を見ておりますと、
 浮かんで来るのは、懐かしのあの歌。
 詐欺師青山俊夫が、青年時代一時期在籍していたという早稲田大学の第二校歌『人生劇場』。

 やはり、これですなあ。
 世川行介先生。
 お願い致しま~す。
 

           『俊夫と進士の人生劇場』


      1
        詐欺ると決めたらどこまでやるさ
        それが詐欺師の意気地じゃないか
        法を守っちゃこの世は闇だ
        ナイルス俊夫は今日も往く


      2
        あんな株には知識がないが
        だけど儲けは欲しくてならぬ
        世川の知恵を騙して借りて
        だけど御礼は払わない


      3
        俊夫一人にいい目はさせぬ
        俺にもおくれよ おこぼれ少し
        進士必殺 仮差押え
        だましてみせましょ 裁判所





セイコーウオッチさん。社会的責任ということも考えろよな。

2017年12月06日 



 WEB―NILE世界で
 詐欺師たちのこれまでの広告塔が全員、
 何カ月も執筆をやめた挙句に総退陣したかと思ったら、
 今度は、一流企業の社長さんの登場!と来たもんだ。


 まあ、それもいいだろう。
 名門企業(?)セイコーウオッチが相手であろうと、
 僕の戦いの姿勢が変わるものではない。


 しかし、
 セイコーウオッチさんよ。


 自分たちの社会的責任ということも、
 少しは考えろよな。


 お前さんの会社の支援(これは間違いなく、支援だ)による信用供与が、
 社長福田智子、オーナー青山俊夫、
 この詐欺師取締役二人の詐欺活動をしやすくするんだぞ。
 この間やっと、裁判所の勧告で和解した原稿料未払。
 440万円詐欺、てんてんてん。
 ゆめゆめ、それを忘れるべきではない。
 と僕は思うが、
 詐欺師青山俊夫の早稲田大学理工学部の後輩である高橋修司社長さん。

 あなたはどう思うかね。
 



世川行介。「本能寺奇伝」「泣かない小沢一郎が憎らしい」「世川行介放浪日』シリーズ

hourounikki

Author:hourounikki
世川行介。著述業。20余年間の放浪人生を送り、現在、滋賀県彦根市に仮住まい。
GOOブログで『世川行介放浪日記』を10年間継続中。
著作、『本能寺奇伝』『地デジ利権』『世川行介放浪日記』シリーズ、『泣かない小沢一郎が憎らしい』他。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR